働こうとしない兄を扶養する義務

Legalus編集部さん 2014年05月13日

 兄(31歳)は働く能力があるにもかかわらず家でぶらぶら過ごし、両親には罵声を浴びせ、私には暴力を振るおうとします。近所の方に迷惑をかけることもあり、ほとほと困っています。
 今は両親が健在で兄の面倒を見ていますが、両親亡き後は私が替わって扶養しなければならないのでしょうか。
 また、私はこの春結婚しましたが、将来この兄のことで主人に迷惑をかけることになったらと思うと不安でたまりません。何とか縁を切る方法はないものでしょうか。

(20代:女性)

関連Q&A

伯母/義理姉の扶養義務

親子・兄弟の「縁」 2016年12月09日

私の父(既に他界)の姉(伯母:未婚、一人暮らし)のことでご相談させてください。 伯母は、人の言うことをまったく聞かず、自分勝手に生きてきて、そのくせ自分の都合のいい時だけ、よってくるので、父は生前伯母を嫌っていました。 その後、父の墓...

兄弟の扶養義務について

親子・兄弟の「縁」 2016年12月01日

私には3歳年上の兄弟がいます。もう30歳になるというのに、誰がどのように説得しても働きにいかず、 職業訓練なども一切やろうとしません。 両親の家計が苦しいにもかかわらず食う・寝る・遊ぶの3拍子。 「親が死んだらどうするんだ?」と聞くと...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、血のつながった親族である以上、法的に「縁を切る」方法はありません。これは親子関係でも同様で、昔は「勘当」という制度が存在しましたが、現在では認められていません。法的には、とことん付き合わなければならないのです。

     そのうえで、法律上扶養義務が認められる範囲は、


    1. 直系血族

    2. 兄弟姉妹

    と定められています(民法877条1項)。
     これは結婚等で別戸籍になったか否かで左右されるものではありません。したがって、お兄さんが例えば病気で働けなくなった場合などは、あなたも扶養しなくてはならなくなることがありえます。ただし、扶養といっても、親子の場合と違って自分でできる範囲でいいのです。
     そして、就労能力があるにもかかわらず怠惰で働こうとしない場合にまで養ってあげなければならないか、となると、一般的にそこまでの義務は無いと考えられるでしょう。

     ただ、お兄さんのケースでは家庭内暴力の危険もあるようですから、大事に至らないうちに家庭裁判所に家事相談、あるいは家事調停の申し立てをされてはいかがでしょうか。
     調停は、お互いが納得して一定の合意を形成することを目的に行われ、家事審判官と通常2名の調査委員が双方から事情や考えを聞いた上で当事者が納得のいく適切な解決の道を探ります。電話・ファックスによる手続き案内を提供している家庭裁判所もあります。第三者の意見を聞くことで、お兄さんも少しは冷静に考え直すかもしれません。
     ご主人にも迷惑がかかりそうであればなおのこと、あなたの考えや態度を公にして、積極的に解決していく姿勢を見せた方が後々のためによいのではないでしょうか。

2014年05月13日

親子・兄弟の「縁」に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ