親の宗教に子を入信させると信教の自由に反する?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年04月09日 00時43分

 両親・祖父母がある宗教を信仰しています。私も、中学生になった頃、その宗教に入信させられました。小さい頃から家族が信仰しているのを見て「半ば当然」との感じもあり、また、中学生である私に拒否するすべもなく、何となく現在まで来てしまいました。
 しかし、これは憲法が保障する信教の自由に反するのではないでしょうか。

(30代:男性)

匿名弁護士

     信教の自由憲法20条1項前段)は、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」と定めています。その内容は、信仰の自由宗教的行為の自由宗教的結社の自由をいうとされています。

     信仰の自由とは、「宗教を信仰し、または信仰しないこと、信仰する教義を選択し、または変更することについて、個人が任意に決定する自由」を意味しますから、強制された入信は、これに反するようにも思えます。親が未成熟な子に特定の宗教への入信を強制することは、許されるべきではありません。


     しかし、憲法の基本的人権の諸規定は、その性質上、国家(あるいは個人に対して強力な権力を持ちうるような国家類似の団体)と国民の関係を規律するものであり、私人と私人の間で機能するものではない、と考えられています。したがって、親の行為が憲法に違反するということはあり得ないのです。ですから、憲法違反を理由として何らかの法的処分を求めることはできないのです。


     ただし、入信に際して入会金、お布施の支払いが求められ、親権者があなた自身の財産から恣意に支出したというような事情があるときは、別途親権の濫用等の問題となりえます。

2016年04月09日 00時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親からマンション立ち退きを迫られています

親子・兄弟の「縁」 2017年07月27日

10年前に両親が離婚しました。 その際、マンションを慰謝料に貰い、母と妹の3人で生活をしていました。 父と離婚してからの10年間、母は全く働かず、人が変わったように遊び歩き、家事も疎かになっていきました。 私も妹も親なので仕方がないと...

親族との金銭の貸し借りの問題です。

親子・兄弟の「縁」 2017年07月27日

先日、母が亡くなり葬儀を行いました。 その際、実家と自宅が遠く、葬儀の手続きを弟に任せました。 私は金銭的余裕がないため家族葬を提案しました。 しかし、弟は近所との建前があるため普通に葬儀を行いたいと言って聞きませんでした。 なので、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

親子・兄弟の「縁」に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

ページ
トップへ