結婚後の本籍地を両親の籍に記載しない方法はありますか?

Legalus編集部さん 2014年05月13日

 幼少のころより両親から虐待を受けていました。
 成人後は両親に加え、妹からも金銭のトラブルにまきこまれそうになりました。
 両親は親戚へも大変な迷惑をかけています。
 そのため、5年前から絶縁状態となっています。

 ようやく結婚を考えている人がやっと現れましたが、両親のことを考えると不幸にしてしまいそうで悩んでいます。
 また、結婚して相手の籍に入ると、その籍は両親の籍へ記載されてしまうと聞きました。

 この記載をして欲しくないのですが、載せないで相手に入籍することはできませんか?

 また、両親が亡くなる前に一切の相続を拒否する手続きがあればそれも教えてください。よろしくお願いします。

(20代後半:女性)

関連Q&A

養子縁組の姓

戸籍 2016年12月16日

養子縁組について、お知恵を頂ければ幸いです。 私(男性)が幼い時、両親が離婚し、母に引き取られました。 その際、母は旧姓の鈴木に戻り、私も鈴木となりました。 その後、母は再婚し、山田となり、新しい夫、山田の戸籍に入りました。私はその際...

改名は可能でしょうか?

戸籍 2016年04月04日

前科が付き執行猶予満期後、未だにネット掲載によるイジメが続き改名したく思います。未成年の子供もイジメにあっています。子の将来のことも考えると改名しか解決方法がありません。この理由では改名許可されますか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご相談にもあるように、婚姻により夫婦で新しい戸籍が作られるときに、今までの戸籍には、婚姻相手やいつどこに新本籍地を定めたのかが記載され、新戸籍にも婚姻相手やいつどこから移ってきたかが記載されます。これは、その人の戸籍の変動を記録するためです。
     したがって、戸籍の変動について記載しないということはできません。

     ただ、婚姻による新戸籍編成を現在の戸籍に記載しない方法はあります。婚姻の前に分籍を行い、新たに戸籍を作った上で婚姻をすると、現在の戸籍には分籍の事実が記載され、その後の婚姻の事実については分籍によって新たに編成された戸籍に記載されるため、記載されません。
     この分籍は、成年者であれば、届出用紙に必要事項を記入し、戸籍謄本を添附して届け出ることで行うことができます(戸籍法21条1項)。記入事項は、分籍する本人の「氏名」「生年月日」「住所」「世帯主」「本籍」「筆頭者」「新本籍地」「父母の氏名とその続柄」です。印鑑は認印でかまいません。
     分籍を行うと、申請者が筆頭者となる新たな戸籍が編成されます(戸籍法21条2項)。また、分籍後に、元の戸籍に戻ることはできません。

     このように、分籍によって両親に婚姻相手を知られにくくすることは可能ですが、直系血族の場合、戸籍謄本等の請求の際にそれを必要とする理由を記載する必要がないため、決定的な方法とはいえないかもしれません。

2014年05月13日

戸籍に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ