虚偽の内容を記載した住民票

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年04月24日 01時47分

 義母は、私たち夫婦と同居していないにもかかわらず、「一緒に住んでいることにしてくれ」と言って、私たちの世帯に住民登録をしています。そのため、年金の支払い催促なども、我が家に来ます。
 今後、思わぬトラブルになるのではないかと心配です。正しい記載に改めるべきだと思うのですが、義母には、どのように説得すればいいでしょうか。

(20代:女性)

匿名弁護士

     住民票とは、市町村と特別区で作成される住民に関する記録のことです。権利・義務に関する一定の事実を公的に証明する文書であり、具体的には、氏名・生年月日・性別・続柄・住所・本籍地などが記載されています。各市区町村の住民基本台帳にまとめられており、住民基本台帳法でその詳細が定められている公文書です。
     住民票に記載されている内容は、選挙人の登録、人口の調査などに利用されるほか、個人の特定にかかわる重要な情報であることから、証明書発行を申請する際の提出文書に指定されることもあります。警察等の行政機関も、必要なときは当該自治体に照会し、調査に役立てたりしています。したがって、記載内容は実態に合った真正なものでなくてはなりません。

     住民票が実態と異なる例としては、転出届が出されずに放置された場合や、作為的に虚偽の住所を登録するケースがあります。義母さんは後のケースになるわけですが、この行為は公正証書原本不実記載刑法157条1項)という罪にあたります。5年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
     虚偽記載による住民票は、消費者金融の借り逃げや外国人との偽装結婚、架空名義による携帯電話の購入、パスポートの不正取得などの犯罪に使われることもあり、戸籍の改ざんを伴うものも多いようです。住民票の表記が事実と異なることが確認された場合、役所は虚偽の事項を抹消する「職権消除」を行っています。

     このように、住民票は、身近ではありますが、重要な文書です。ただちに実態に合った真正な内容に改めるべきと考えます。

2014年04月24日 01時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

義父とは戸籍上、つながりはないのですが、それでも同居なら差し押さえは私にまで?

戸籍 2017年07月04日

話はややこしいのですが、私は母の再婚相手の名義の家に今は、 母と私と私の子供で住んでいます。 ここ、1年以上、母たちは別居状態です。 義父は、仕事(自営)がうまくいってないいようで家に何件かの会社が 支払の催促に訪ねてきていました。 ...

不倫したけど親権ほしい

戸籍 2017年06月06日

夫との間に1歳になる子供がいますが 不倫をしてしまいました。 期間は半年くらいでその間に2人と関係を 持ってしまいました。 夫は全部許してやりなおしたいと言ってくれましたが、私は前々からいつかは離婚したいと思っていたのでこれをきっかけ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

戸籍に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

依頼者のために最善を尽くしていきます

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

ページ
トップへ