かつて被差別部落の出身であったことは分かる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月01日 03時55分

 私はいわゆる部落出身者です。主人には結婚前に話をしましたが、関係ないよと言われました。私達が結婚することにより、主人の家族・親戚が部落に入ると親に聞かされましたが、主人は黙っていれば良いと言い、結婚しました。戸籍抄本か謄本で分かってしまうそうですが、10年経った今でも今の所ばれていません。一生隠し通すのは無理なのでしょうか?



(年代不詳:女性)

匿名弁護士

     現在の戸籍制度の下では、かつて被差別部落の出身であったことは、容易には判明しないでしょう。



     明治5年施行の戸籍法に基づいて編製された戸籍に、「壬申戸籍」(じんしんこせき)というものがあります。

     壬申戸籍では、皇族、華族、士族、僧、尼、平民等が別個に集計されました。このとき、被差別部落民は賎民解放令に基づき、平民として編入されましたが、一部地域の戸籍には新平民や、元穢多、元非人等と記載されたりしたようです。

     ただ、現在においてこの壬申戸籍は、行政文書にあたらないとされており、閲覧することは不可能です。昭和45年ごろまでは、各役所で、本籍地や戸主名がわかれば誰のものでも取得できたようですが、悪用される場合もあったため、現在では法務局に厳重保管され、閲覧することはできません。

     そのため、この壬申戸籍が家に残っていて、それを見られたような場合以外、壬申戸籍から、かつて被差別部落の出身であったことは、およそ判明しないでしょう。



     また、現在の戸籍制度でも、あなたの祖先の出身地をさかのぼって調べていき、なおかつ被差別部落と呼ばれている地域出身かどうかを照合しない限り、被差別部落出身であったことは、およそ判明しないでしょう。

     戸籍謄本・抄本の請求には、請求理由を明らかにしなければならず、不当な目的による請求の場合は、市町村は請求を拒むことができるので(戸籍法10条の2)、容易には判明しないと考えられます。



     なお、「私達が結婚することにより、主人の家族・親戚が部落に入る」と親御さんに聞かされたとのことですが、法律上はあり得ないことですし、事実上も、被差別部落出身であることによる差別を撤廃する方向にある現在においては考えにくいといえます。

2014年10月01日 03時55分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

義父とは戸籍上、つながりはないのですが、それでも同居なら差し押さえは私にまで?

戸籍 2017年07月04日

話はややこしいのですが、私は母の再婚相手の名義の家に今は、 母と私と私の子供で住んでいます。 ここ、1年以上、母たちは別居状態です。 義父は、仕事(自営)がうまくいってないいようで家に何件かの会社が 支払の催促に訪ねてきていました。 ...

不倫したけど親権ほしい

戸籍 2017年06月06日

夫との間に1歳になる子供がいますが 不倫をしてしまいました。 期間は半年くらいでその間に2人と関係を 持ってしまいました。 夫は全部許してやりなおしたいと言ってくれましたが、私は前々からいつかは離婚したいと思っていたのでこれをきっかけ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

戸籍に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

ページ
トップへ