離婚後の姓の変更。子の移籍と姓について

Legalus編集部さん 2014年03月12日

 離婚から半年が経ちました。離婚の際、子供や職場の事を考え、元夫の姓を名乗る手続きをしました。しかし、元夫の姓を名乗る事によって精神的苦痛があります。なので、旧姓に戻したいのですが、こんな理由で旧姓に戻る事が認められるか心配です。また、子の籍を私の籍に入れたいのですが、仮に私が旧姓へ戻れるとしたら、子の姓はどうなるんでしょうか?手続きはどの順番でするのがいいですか?



(20代:女性)

関連Q&A

改名は可能でしょうか?

戸籍 2016年04月04日

前科が付き執行猶予満期後、未だにネット掲載によるイジメが続き改名したく思います。未成年の子供もイジメにあっています。子の将来のことも考えると改名しか解決方法がありません。この理由では改名許可されますか? (40代:女性)

かつて被差別部落の出身であったことは分かる?

戸籍 2014年10月01日

私はいわゆる部落出身者です。主人には結婚前に話をしましたが、関係ないよと言われました。私達が結婚することにより、主人の家族・親戚が部落に入ると親に聞かされましたが、主人は黙っていれば良いと言い、結婚しました。戸籍抄本か謄本で分かってし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相談者の方は、「元夫の姓を名乗る手続き」をされた、とのことですね。これは、いわゆる婚氏続称という手続きです。離婚後は婚姻前の姓に戻るのが原則です(民法767条第1項)。ところが、同条第2項では「離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる」と規定しています。相談者の方は上記の法令に従い、離婚後も元夫の姓を名乗る手続きをされた状態です。

     では、婚氏続称を選択した後に、旧姓に戻す手続きは可能か。この点は、戸籍法107条1項において「やむを得ない事由によって氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない」と規定しています。つまり、「やむを得ない事由」があれば、家庭裁判所の許可で旧姓に戻すことは可能です。

     旧姓に戻す場合の『やむを得ない事由』については、東京高裁昭和58年11月1日決定において「申立ての期間・動機において相当性があり、それが恣意的でなくしかも第三者が不測の損害を被るなどの社会的弊害が発生するおそれがない場合には、戸籍法107条1項に定める「やむを得ない事由」を他の場合に比しある程度緩和して解釈すべきである」とされ、比較的ゆるやかに考えられています。まずは、心配なさる前に家庭裁判所で「氏の変更許可」の申立を行ってください。



     次に、戸籍についてです。相談者の方は、(現状、婚氏続称によって元夫の姓であったとしても)戸籍上は離婚によって元夫の戸籍から抜け、離婚を機に新戸籍となっていることになります。他方で、お子さんは相談内容から察するに、離婚時に特別な手続きを経ず、元夫の姓を名乗り、戸籍も元夫のままと思われます。

     そのため、お子さんについては、相談者の戸籍に入れる手続きが必要となります。もっとも、(相談者の氏について変更許可がなされれば)母親とお子さんの氏が異なることになります。このように氏が異なる場合、同じ戸籍に入ることができません。そこで、相談者がお子さんを同じ籍に入れるためには、ご自身の氏を変更した後に、子どもの氏についても変更許可の申立を家庭裁判所に対して行い、その後に、入籍届を役所に出す必要があります(民法791条1項戸籍法98条1項)。注意点としては、お子さんが15歳未満であれば、法定代理人である親権者が手続きを行えます。15歳以上であれば、お子さんの同意書が必要になります(民法791条3項)。

2014年03月12日

戸籍に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ