法律コラム

成年後見人

Section banner family

親子・家庭

後見人は、被後見人の予防接種に同意できる? 成年後見人 2014年01月13日

Q Aは成年後見制度により、重い認知証であるBの後見人となりました。AがBにインフルエンザの予防接種を受けさせたいと考えた場合、Aにはインフルエンザの予防接種に同意する法的な権限があるでしょうか。 ある。 ない。 A 正解(2) ない。 後見人には、本人が判断能力を欠いた時に裁判所が選任する成年後見人(民法第7条)と、本人が判断能力のある間に判断能力が...

後見人は、被後見人の予防接種に同意できる?
保佐人を辞めさせたいが・・・ 成年後見人 2015年07月14日

Q Xさんには、裁判所が選任した保佐人Yが就いていました。保佐人Yは問題なくその職務を行っていましたが、XさんはYと折り合いが悪い事から、Yを保佐人から解任したいと考えました。 XさんはYを保佐人から解任する事が出来るでしょうか。 できる できない A 正解(2)できない 保佐人に不正な行為(財産管理の不正等)、著しい不行跡(品行が悪い等)その他保佐人...

保佐人を辞めさせたいが・・・
後見人が横領した場合の家庭裁判所の責任 成年後見人 2016年02月09日

Q 成年被後見人のXさんには、A家庭裁判所に選任された成年後見人Bと後見監督人Cがついていました。 後見人AがXさんの貯金から3000万円を着服したにもかかわらず、後見監督人Cが財産調査を怠っていた場合、A家庭裁判所(国)はXさんに対し賠償責任を負うでしょうか? 負う 負わない A 正解(2)負わない 成年後見人によって財産が着服されたケースの裁判にお...

後見人が横領した場合の家庭裁判所の責任
任意後見契約 成年後見人 2016年12月13日

任意後見契約の締結が増加しているとのことで、任意後見契約の公正証書作成件数が1万件を超えているとの報道がありました。 私人間が何らかの契約を締結しようとするとき、契約自由の原則から、特段の方式が求められるものではありません。しかし、任意後見契約に関する法律3条は、任意後見契約は、法務省令で定める様式の公正証書によってしなければならないと定めています。 ...

任意後見契約

成年後見人に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・男女問題実績多数、訴...

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

<初回相談無料><当日・休日・夜間相談可能> 経験豊富な弁護士が依頼者の方のご要望を丁寧にお伺いし、解決までの...

ページ
トップへ