子供が他人の車に傷をつけてしまい、法外な修理費を請求されたが?

Legalus編集部さん 2015年04月22日

 広場でバーベキューパーティーをしていたところ、隣に止まっていた車に子供が傘で傷をつけてしまいました。その請求額が20万円との事なのですが、傘で突いてしまった傷がそんなにするとは思えないのです。
 相手に要求どおり払わなければなりませんか?


(30代:女性)

関連Q&A

実の子供に何らかの罪を問うことはできるでしょうか?

未成年 2016年02月16日

家出中の子供(16歳)に、私が留守の間に家に侵入され、金庫ごと盗まれました。中身は通帳を含み約1000万弱と私たち両親の実印です。警察には盗難届けと捜索願は出しましたので、間もなく捕まると思います。 そこで本人を何かしらの罪に問う事は...

未成年者でも親の承諾がなく働ける?

未成年 2016年02月05日

17歳の息子の事なのですが、家出中に親の承諾もなしに鳶職関係の会社で勝手に働いていました。この度、警察から交通事故にあい怪我をしていると連絡があり初めてそこで働いている事をしりました。会社の方に息子を働かせるのを辞めて欲しい、親として...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     子供が他人に損害を加えたとき、監督義務者として親に責任が発生する場合があります(民法714条1項)。その場合に当たることを前提として、以下のように交渉されてはどうでしょうか。

     まず、お詫びの気持ちを伝えたうえで、修理費用の見積もりをあげてもらいます。修理工場などで出してくれるはずです。それを見せてもらい、必要以上に高価な部品、塗料などが使われていないか、子供が破損していないところまで直されていないか、などを確認します。もし修理した後だったら、請求額の根拠となるもの(納品書、請求の明細など)を見せてもらいます。

     こちらに責めがあるといっても、車本体については原則として原状回復義務までの責任にとどまるわけですから、必要のない費用まで負担する義務はありません。ただし、修理に出している間、被害者はその車を使用することができなくなりますから、請求されたらレンタカー代などは別途負担しなければなりません。


     いずれにしろ、不法行為とはいえ、損害賠償の範囲は「通常生ずべき損害」(民法416条1項準用)にとどまるのですから、悪びれず交渉されたらいいと思います。
     相手がややこしそうだと感じたら、第三者に立ち会ってもらうのも手です。そして、交渉のいきさつは必ず記録しておきましょう。

     いずれにせよ、相手の心証を害しないように進めることが大切ですよ。

2015年04月22日

未成年に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ