法は家庭に立ち入らず?

Legalus編集部さん 2014年10月22日

 弟嫁が実家の母の財布から銀行のカードを抜き取り、100万円ほど使っていたことが分かりました。弟夫婦は実家の近所に住んでいるため、鍵を預けてあったのです。
 弟嫁は全く反省していない様子なので、警察に被害届を出すことを考えています。「家庭内の犯罪には警察は関わらない」と聞いたのですが、受理してもらえるでしょうか。

(20代:男性)

関連Q&A

実の子供に何らかの罪を問うことはできるでしょうか?

未成年 2016年02月16日

家出中の子供(16歳)に、私が留守の間に家に侵入され、金庫ごと盗まれました。中身は通帳を含み約1000万弱と私たち両親の実印です。警察には盗難届けと捜索願は出しましたので、間もなく捕まると思います。 そこで本人を何かしらの罪に問う事は...

未成年者でも親の承諾がなく働ける?

未成年 2016年02月05日

17歳の息子の事なのですが、家出中に親の承諾もなしに鳶職関係の会社で勝手に働いていました。この度、警察から交通事故にあい怪我をしていると連絡があり初めてそこで働いている事をしりました。会社の方に息子を働かせるのを辞めて欲しい、親として...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     警察が家庭内でおきた犯罪の捜査に消極的なのは事実です。家庭のことは家庭内で収められればそれが一番望ましいでしょうし、せっかく捜査し始めたのに内々で話し合いがついて、「もういいです」などと取り下げられたらたまったものではない、ということもあるのでしょう。
     刑法上も「親族間の犯罪に関する特例」(親族相盗例244条)という規定があります。配偶者、直系血族または同居の親族との間で窃盗罪不動産侵奪罪(未遂を含む)を犯しても刑は免除され(同条1項)、その他の親族との間でおきた場合でも、告訴がなければ公訴提起できない(同条2項)と定められています。
     しかし、判例の姿勢は必ずしも甘くありません。同条1項が適用されるためには、盗まれた物の「所有者」と「占有者」、その双方との間に親族関係が必要であると解されています。
     例えば、父親が時計を誰かに貸していて、その人からドラ息子が盗んだという場合、息子は貸してもらっていた人(占有者)とも規定の親族関係がなければ、刑は免除されません。また、父親が誰かに借りて持っている時計を息子が盗んだという場合も、所有者との間にも同様の親族関係がなければ、免除の対象にはなりません。これはかなり特異なケースで、そうそう成立するものではありません。

     弟嫁と実家のお母さんは「配偶者、直系血族、同居の親族」(244条1項)いずれの関係でもないため刑は免除されませんが、「その他の親族」(同条2項)にあたるので、告訴がなければ警察は捜査の手続(公訴提起に向けた準備活動)に入りません。
     しかし、金額も少額とはいえませんし、本人が反省していない(再犯の可能性もある)ということですから、告訴すれば、しぶしぶ(?)捜査を開始してくれるかもしれません。
     また、鍵を預けてあったそうなので今回は無理ですが、住居侵入罪同法130条)には親族間の特例はありません。

2014年10月22日

未成年に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ