家出した息子を泊めてほしくない!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 02時08分

 中3の息子が家出するたびに泊めてもらう家があります。息子がその家にいるのは間違いないのですが、家人は「いない」と嘘をつき、玄関も開けてくれません。最後には警察に相談するしかない状態で、とても困っています。

 息子が来ても泊めてほしくないし、来た時は連絡がほしいのです。

 こういう場合、何かいい方法はないのでしょうか? 必ず約束を守ってもらえる方法が知りたいです。


(30代:女性)

匿名弁護士

 親権を行う者は、子の監護及び教育を有する権利、義務を有します(民法820条)。

 例えば、子どもの成長に合わせて相当な教育を行ったり、褒められない行為をしたときにそれを正したりするのは、親の大切な義務です。それは、同時に権利でもあります。子どもの監護や教育をするのは、まず親でなければならず、他人が干渉することは、原則としてできません。



 家出をした息子さんに対し、「とりあえず、今日はうちにお泊り」と言って保護する行為は、それ自体は一概に不適切な行為とはいえません。息子さんにも年齢等に応じた自己決定権がありますから、本人がが望んでいるのならなおのことです。

 しかし、親が尋ねてきて、「息子がいるなら出してほしい」と申し出ているのに、不在と嘘をついたりするのは、もはや隣人・知人としての親切の域を超えており、親の監護教育権を侵害する行為だといえます。

 他人の権利を侵害する行為は、不法行為民法709条)として、相手に対し損害賠償を請求する根拠ともなります。ですから、息子さんを匿う他人に対し、親は不法行為に基づく法的主張をすることができます。



 しかし、親子間の不和や揉め事は、法律が権利義務関係として処理するにはなじまない性質も持っています。その家の人に対し、あなたが持つ監護・教育権について法律的な説明をし、納得してもらえるなら、それに越したことはありません。しかし、その人がそれでも態度を改めなかった場合に、強制執行によって親の権利を実現できるかというと、いかにも不自然でしょう。

 相手方に念書を書いてもらい、「今後は息子さんを匿わない」との約束をさせることもできます。その約束を破ってまた匿った場合、法律的には債務不履行民法415条)となって、損害賠償請求の法的根拠となります。しかし、このような約束が相手にとって心理的強制作用を持つことはあっても、実際に裁判に訴える状況は、まず考えられないでしょう。



 何よりも大切なのは、息子さん(あるいはあなた方親子)が抱えている問題を根本的に解決するために、親として誠意ある行動をとることだと思います。家出は、少年期には一度や二度、誰しも考えることかもしれません。しかし、度重なるのであれば、それは決して好ましい状態とはいえません。非行に誘われたり、事件に巻き込まれたりしないうちに、まず、日常生活が落ち着いて送れるように、事態を改善すべきです。

 それには、地方公共団体が運営する教育相談所や児童相談所に相談したり、あるいは子どもの教育に関するNGOの相談システム等を利用するのもよいでしょう。

2015年07月18日 02時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

19歳自分と義務教育を終えた未成年16との同居や交際について。

未成年 2019年04月02日

私は現在専門に通う19歳です。私には16歳の高校には通っていない3歳下の彼女がいます。 彼女は現在不登校で現状の打開を求めて高校進学やセミナー、カウンセラーなどなにか解決や手助けを望みましたが彼女の親は一切協力的ではありません。 更に...

家出

未成年 2019年03月30日

自分は未成年です。 自分の親になんの知らせもせず家を出て、 赤の他人の合意の下、その赤の他人の家で暮らすことは犯罪になりますか? また、赤の他人が犯罪になってしまうことはありますこ?

親の離婚による家出

未成年 2019年03月30日

自分は未成年で親が離婚しています。 親権は父が持っており父の下で暮らしています。 父から虐待など命の危険に関わる行為を されていないものの思考の違いが激しく 母の下で暮らしたいと思っています。 父に何も告げずに家を出て、 母の下で暮ら...

未成年の入籍、婚姻(母親が除籍状態、母子家庭)

未成年 2018年11月28日

現在19歳で、妊娠中の者です。 学生時代から付き合ってる成人の彼との間に子供を授かりました。 私たちとしても、生まれてくる子供のため入籍を考えているのですが、私自身が未成年で婚姻届を出す場合は、父母の同意書が必要と聞きました。 彼の方...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ