未成年者にお金を貸したが...

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 3ヶ月前、17歳の知人に現金書留で9万円貸しました(今も現金書留の領収書はもっていますが、借用書はありません)。
 その後の連絡で、10月までに返すと言っていたものの、11月になってから連絡が取れなくなり、貸した相手の親に連絡を取ったところ、海外へ留学したとの事でした。
 今、貸した相手の親と電話で話したりもするのですが、「子供どうしの問題なので...」と言われてしまい、貸した相手ともまともに連絡の取れない状態が続いています。


 こういう未成年者にお金を貸した場合、その保護者にも返済を請求できるのでしょうか?


(10代後半:男性)

関連Q&A

実の子供に何らかの罪を問うことはできるでしょうか?

未成年 2016年02月16日

家出中の子供(16歳)に、私が留守の間に家に侵入され、金庫ごと盗まれました。中身は通帳を含み約1000万弱と私たち両親の実印です。警察には盗難届けと捜索願は出しましたので、間もなく捕まると思います。 そこで本人を何かしらの罪に問う事は...

未成年者でも親の承諾がなく働ける?

未成年 2016年02月05日

17歳の息子の事なのですが、家出中に親の承諾もなしに鳶職関係の会社で勝手に働いていました。この度、警察から交通事故にあい怪我をしていると連絡があり初めてそこで働いている事をしりました。会社の方に息子を働かせるのを辞めて欲しい、親として...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     未成年者である子供は、父母の親権に服し(民法818条1項)、この親権者が子供の財産の管理権代表権(民法824条)を有します。

     したがって、親に対して、未成年者の法定代理人として、借金を請求することはできます。
     そして、訴訟になった場合も、この親が未成年者の名で訴訟を受けて立つことになります(民事訴訟法31条)。

     ただ、訴訟になった場合に、その未成年者の親が「そんなことは知らない。」とか「確かにお金は受け取ったようだが、もらったものと言っていた。」などと言い出せば、お金を貸したという契約(金銭消費貸借契約といいます)の成立をあなたのほうで立証しなければなりません。
     しかし、現金書留の領収書のみでは、送付した現金が貸したお金かどうかははっきりしませんから、この立証は容易なことではありません。
     貸した相手方と後日連絡がとれ、改めて、いつ、いくら借りたという念書を書いてくれたり、電話でそのような会話をして録音(録音日時も記録しておく)しておけば、借用書の代わりの立証手段とはなります。
     しかし、相手方と連絡がとれないということですから、これも難しいでしょう。

     このように、お金の貸し借りをする場合には、借用書が非常に重要なのです。

     もっとも、ご相談のケースの場合、あなた自身も未成年者なのですから、相手方との契約を取り消して(未成年者の行った契約は取り消しうる。民法4条2項)契約がなかったことにして、お金を取り戻す請求をするという手もあります(民法121条本文、703条)。
     ただ、未成年者である相手方がそのお金を遊興で使い果たしていれば、返還義務がないので(民法121条但書)、この方法が効果的でない場合もあります。

2014年01月07日

未成年に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ