任天堂の訴訟の意義

 公道でのカート利用で「マリオ」の衣装を貸し出すなどしているのは著作権侵害不正競争防止法違反にあたると主張して任天堂がカートのレンタル会社「マリカー」等を相手に侵害行為の中止と1000万円の損害賠償を求めている訴訟の第1回口頭弁論期日が、東京地裁で開かれたそうです。

 被告のマリカー側は争う姿勢を示したというニュースです。答弁書では原告の請求の棄却を求めて争う旨を答弁しないと敗訴してしまうので、争う姿勢を示したというのは民事訴訟においてごく当たり前のことです。

 被告は、カートの提供や整備を担当しているだけで、利用客にカートや衣装を貸し出しているのは自社ではなく別の運営会社と主張しているそうです。そうなると、その別会社を相手に任天堂は同様の訴訟を起こすかもしれません。

 

 任天堂の真意は外部から断定はできません。

 おそらく任天堂としては、このカートのサービスを任天堂のキャラクターが関わるような形態では止めさせたいというのが第一なのではないかと思います。

 キャラクターの使用料や価値の毀損防止といったこともあるのでしょうが、キャラクターが関わるようなサービスの中でもし死傷者の出る重大事故が起きてしまった場合、任天堂の事実上の損失は相当のものになるでしょう。任天堂としては、メリットのないまま重大なリスクだけを負わされている状況を解消したかったのだと思います。

 

 任天堂としては、今回の提訴で、公道でマリオカートが走っているのは任天堂とは全く関係の無い会社の事業であることを報道を通じてかなり広めることができたのではないかと思います。今後、もしカートの事故が起こってしまったとしても、任天堂やそのキャラクターもある意味被害者として世間では扱われる(実際に二次的な被害者でしょう)ことになるでしょう。提訴したこと自体で、ある程度の目的は達せられたのだと思います。

 

 この訴訟の被告の会社の関係しているサービスなのかは存じませんが、札幌の大通公園辺りでもマリオカートを見掛けます。

 楽しそうですけれど、私自身は、車道上で他の自動車と衝突した場合には身を守るものがありませんので、実際に乗車しようとは思いません。

 

 

〒060−0003 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3

北海道コンテンツ法律事務所

電話070−5530−0884

弁護士 林 朋寛

(札幌弁護士会所属)

http://www.sapporobengoshi.com

ブログ http://bit.ly/2eOFTn8

 

 

知的財産に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

ページ
トップへ