弁護士コラム

民事信託の税務上の有効性

[投稿日] 2017年08月31日 [最終更新日] 2017年08月31日

 民事信託は税務上のメリットがあるのか?

 様々な書籍の中で議論されています。

 

 最近の書籍では不動産信託に関連して元本受益権と収益受益権とを分離すれば課税上のメリットがある旨の記載があります。

 

 しかしながら,国税の考えによれば,このような場合の税務上のメリットはほとんどないと考えているようです。従って,民事信託については税務上のメリットはほとんどないように思われます。

 

ただし,民事信託の中で墓石を準備したり,また,葬儀の準備をする場合,控除が行わるわけですから,信託契約の中にこのような条項を入れておくのは手でしょうね。

 

 信託については便利ですが,上手く活用しないといけませんね。

 

                                         弁護士 西口 竜司

神戸マリン綜合法律事務所 〒655-0892 兵庫県神戸市垂水区平磯4-3-21 フェニックスKⅡ902 平日9:00-18:30
Resized avatar mini magick20171016 13680 1rcit2v

西口 竜司 弁護士

取扱分野
交通事故 不動産・建築 相続

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。