弁護士コラム

顧問弁護士の必要性

[投稿日] 2017年09月02日 [最終更新日] 2017年09月02日
Resized avatar mini magick20170619 17720 17aa40x

西口竜司 神戸マリン綜合法律事務所

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

中小企業を見ていると顧問税理士は置いているけど,顧問弁護士は置いていないというところが多いですね。

 

たしかに,税金関係については毎年確実に確定申告という重大イベントがあり,顧問税理士は必須の存在になります。

これに対し,通常会社で事件等は発生しないので顧問弁護士は必須でないかもしれません。経費削減という観点から,必要なときに弁護士に依頼するというお考えでしょう。

 

多数の会社の顧問弁護士をお受けしている立場からすれば「本当にそれでいいのでしょうか」という意見になります。実際,多くの会社では契約締結をします。また,従業員を雇用しています。このような業務にあたっては必然的に訴訟リスクが伴います。訴訟になってからではコスト面,事務処理面での負担が大きくなります。

このような事態を避けるため,顧問弁護士を入れ,契約書チェック,労務管理,その他法律事務に関する助言を求めて頂きたいのです。いわゆる予防法務という視点です。

 

会社を守るたねに顧問弁護士の採用を検討してみて下さい。

 

なお,費用面の御心配があろうかとは思いますが,弊所では月額1万円からの顧問契約を設定しており,多くの企業様にご利用いただいております。

 

弁護士 西口 竜司

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

顧問弁護士に強い弁護士

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

ページ
トップへ