弁護士コラム

本件における問題点について

[投稿日] 2017年02月09日 [最終更新日] 2017年02月09日

まず、アルバイトでも契約は契約です。

いつ入るか決めていれば、その日に出勤の合意ができているわけですから出勤義務はあります。

会社の言い分は、その日に出勤しなかったことに対する懲戒処分としての減給ということなのでしょう。

さしたる理由もない欠勤ならば、それ自体はおかしなことではありません。

また、決めた契約を破るわけですから、場合によっては損害賠償も可能なこともあるでしょう。

 

 

ただ、本件は病欠という理由があります。

やむを得ない病欠に懲戒処分をかせるのか、かせるとしても減給といった厳しい処分までをいえるかどうかということがあります。

本件では病欠であり、この点で、自分勝手な理由での欠勤とは違います。

そこで懲戒処分での減給は不当ではないかということです。

 

また、本規定の記載を見る限り、懲戒というよりも労働基準法上禁止されている罰金の予定に見えることという点も問題です。

懲戒規定というのは方便のようにも聞こえます。

 

最後に潜在的な問題として、有給休暇はなかったのかという点も気になるところです。

あさがお法律事務所 〒663-8245 兵庫県西宮市津門呉羽町1-30 万ビル2階 平日7:00-21:00  |  土曜7:00-21:00  |  日・祝7:00-21:00
Resized avatar ca3a0514

岡田 晃朝 弁護士

取扱分野
相続 企業法務 借金・債務整理

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ