弁護士コラム

69歳の弁護士

[投稿日] 2017年03月22日 [最終更新日] 2017年03月22日

この方が弁護士として今後どのような活躍が可能か、自分だったらこうするなど、コメントがありましたらお願いします。 

 

やはり69年間の人生経験や社会経験があるわけですから、それを生かして紛争解決に取り組むでしょう。

実際に、この仕事していて思うのは、法律の理屈の面と、社会経験や人生経験の面の2面を高めることが必要な職業であるということです。

事案の解決にはもちろん、依頼者の気持ちを汲み取ったり、相手方の真意をつかむにも、その2面は欠かせません。

 

そのうち、社会経験や人生経験は豊富なのですから、それを生かしつつ法的な知識や能力を磨いて、対応していくことになるかと思います。

一つ気をつけるとすれば、私が口にするのも僭越ですが、両面のバランスが大切ですので、法律論が必要以上に、人生経験などに引きずられないように気を付けるところでしょうか。

あさがお法律事務所 〒663-8245 兵庫県西宮市津門呉羽町1-30 万ビル2階 平日7:00-21:00  |  土曜7:00-21:00  |  日・祝7:00-21:00
Resized avatar ca3a0514

岡田 晃朝 弁護士

取扱分野
相続 企業法務 借金・債務整理

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ