弁護士コラム

「飲みニケーション」は職場に必要?

[投稿日] 2017年05月18日 [最終更新日] 2017年05月18日

まず、法的に言えば強制されるものではありません。

会社が必要と感じて業務命令を出せば、強制力は生じますが、その時は給料の支払いも必要です。

 

給料を出さずに、一方的に出席を求められても拒否は可能ですし、それで会社から不利益処分を下されれば争いうるでしょう。

また、昇進などにおいて、明示の条件にすることも許されないかと思います。

 

事実上の人間関係が昇進などで考慮されることはありますが、それが飲食とつながるかは別です。

逆に、飲みニケーションを拒否することで、社内の円滑化が図れるならば、それも評価の対象になるかと思います。

 

まとめると、

会社で飲みに行くことを法的には強制されるような余地はない。

しかし、事実上、社内での人間関係が評価対象になることはありうる。

その評価で、これまでの時代は共に飲食をすることが社内でのコミュニケーションにつながってよい関係を築けるとプラスのことが多かった。

しかし、現在の社会風潮からそれに応じないことがよいコミュニケーションにつながる可能性(上司が部下のプライベートに配慮していることがよい社内関係になることもありうる)もあり、その場合は、事実上それが評価されることもあるでしょう

ということです。

 

 

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

パワハラに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

丁寧な説明を心がけています。

ページ
トップへ