弁護士コラム

サッカーの試合中の骨折

[投稿日] 2017年02月03日 [最終更新日] 2017年02月03日

昨年12月,サッカーの試合中に骨折した男性が接触した相手に対して治療費や慰謝料を請求した訴訟の判決が東京地裁で言い渡されました。

 

事案を少し詳しく述べますと,原告(怪我をした人)が右太ももでボールをトラップしてから左脚でボールを蹴ろうとしたところに,被告(相手選手)が勢いを付けて左脚を上げてシューズの裏で,原告の左脚のすねを蹴りつけてしまった。そして,原告が左脚のすねを骨折したのですが,原告が左脚に付けていた「すねあて」(レガース)も割れていたとのことです。

 

判決は被告に治療費や慰謝料約250万円の支払を命じました。

 

さて,スポーツのでの怪我について法律はどのように位置づけているのでしょうか。

実はスポーツの怪我といっても特別の法律はありません。民法という一般的な法律の「不法行為」(民法709条)が成立するか否かで判断することになります。

 

不法行為の成立要件は,「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した」です。

まず,「法律上保護される利益」が侵害されたか(違法性)が問題となります。

 

スポーツの場合,たとえば,ボクシングなどでは,顔が切れたり,鼻が折れたり,脳振盪を起こしたりします。

しかし,ボクシングは,「殴り合う競技」であり,選手は当然殴られることを承知でやっています。ですので,ボクシングで相手を殴っても違法性はありません。

 

他のスポーツも同様で,通常,その競技で通常予想される行為は違法ではありません。

サッカーの場合,足を引っかけてしまうことは幾らでもあることであり,反則となった場合でも通常「違法性」はありません。

 

では,今回の件はどうでしょうか。

サッカーで骨折することはたまにあります。

バスケットボールで骨折することもたまにあります。

骨折したら直ちに「違法性あり」ということにはなりません。問題は当事者の行為がその競技で「通常予想される行為」であったかどうかです。

 

野球の試合中に選手がバットでピッチャー殴った場合はどうでしょうか。

野球の競技として通常予想される行為ではないので違法性があります。

 

あるいは,バスケットボールの試合中に,わざと足を出して相手選手を引っかけて大怪我をさせたらどうでしょうか。

バスケットボールで通常予想できる行為でしょうか。

バスケットボールは手でボールを扱う競技です。手を叩かれるとか,身体同士の接触とか,勢い余って衝突するなどはある程度予想しながらプレーします。

しかし,不意に足を出されることは通常予想していませんので,そのような行為は思わぬ大怪我につながる危険な行為といえます。

裁判例があるかどうかは分かりませんが,私見としては,こういう場合は違法性があると思います。

 

では,本件の事案はどうでしょうか。

サッカーなので足と足が当たるのは当たり前,といえるかも知れません。

 

しかし,冒頭で述べましたように,骨折という結果を伴っており,「すねあて」も割れるほどですから,相当強い衝撃で衝突したことが推測されます。

また,サッカーでは,シューズの裏を相手に向ける行為は危険な行為として禁止されています(接触しなくてもシューズの裏を相手に向けるだけでファウルになります)。

判決の詳細は不明ですが,このようなことを考慮して違法性を認定したのでしょう。

 

また,裁判所は故意の成立は否定しましたが,過失を認定しています。

サッカー経験者であればシューズ(スパイク)の裏を相手選手に向けることの危険性はよく分かっているはずですので,過失を認定したことは妥当でしょう。

 

以上より,報道の範囲から判断すると,本判決は妥当であると考えます。

 

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

ページ
トップへ