弁護士コラム

メルカリで現金出品

[投稿日] 2017年05月27日 [最終更新日] 2017年05月27日

最近,メルカリで現金を出品していることが話題になりました。

 

 

以前から古いコインなど希少性のある物は取引に出されていたのですが,最近話題になったのは現行紙幣です。

たとえば「1万円札4枚を4万7000円」などで出品していたのです。

 

 

普通に考えれば,そんなものを買うと損をするような気がしますが,実は買う人がいます。

 

 

その理由は,いわゆる多重債務者が,クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまい,それでも返済のために現金が必要なので,枠が空いているショッピング枠を利用して現金を入手していると考えられます。

 

 

この点,法律上問題はないのでしょうか。

 

 

この取引の実体を見ると,まず,4万円を出品した人はクレジット会社から4万7000円を受け取ることになります。

 

 

次に,購入した人は,約1か月後に4万7000円が口座から引き落とされます。

 

 

購入した人から見ると,4万円を一時的に手に入れて約1か月後に4万7000円を支払う訳ですから,4万円を借りて7000円の利息を付けて返しているようなものです。

 

 

このような実体を「金銭の貸し付け」とみなすことができれば,出品者の行為は「貸金業」にあたる可能性があります。

 

 

貸金業にあたるのであれば,貸金業登録が必要で(貸金業法3条),無登録営業は犯罪になります。

 

 

また,貸金業に該当する場合,金利は最大で年率20%までしか許されません(出資法5条2項)。

先ほどの例でいえば,年率に換算すると200%を超えますので,確実に違法です。刑事罰もあります。

 

 

このような問題の指摘を受けて,メルカリは現金の出品を禁止して,出品を発見した場合には削除しているようです。

 

 

しかし,メルカリについて調べていると,現金出品以外にも問題があるようです。

 

 

メルカリの制度では,売買が成立した場合に,買主から支払われた代金をいったんメルカリが確保してから売主に渡すというシステムです。

 

 

このシステムが出資法で禁止されている「預り金」にあたるのではないかという指摘もされているようです。

「預り金」は銀行法などの特別の規定で許されている場合を除き違法です。

 

 

このように,新しい商売の仕組みを考えるベンチャー企業には,常に法律的にグレーな問題がついて回ります。

 

 

 

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

借金返済に強い弁護士

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

ページ
トップへ