遺言による相続人廃除の場合の遺言執行者の職務

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 06時02分

 私は、遺言書の中で遺言執行者になっていて相続人の廃除の手続きをすることになっています。そこで疑問なのですが、廃除の対象になっている人が遺留分減殺請求をしないであろう場合でも取り敢えず廃除の手続きをしなければならないのでしょうか?例えば、遺留分減殺請求をされた後ではやはりだめなのでしょうか?



(40代:女性)

匿名弁護士

 推定相続人が廃除された場合、被相続人の死亡の時から相続人でなくなります。ですので、仮に遺留分減殺請求をされてから裁判所に廃除の請求をしたとしても、それが認められれば法的効果としては問題ありません。

 しかし、遺言執行者は、被相続人が推定相続人を廃除する意思を表示したときは、「遅滞なく」その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならないとされています(民法893条)。したがって、速やかに廃除の請求をしない事は遺言執行者の職務としては問題があるといえますので、面倒かもしれませんが早急に家裁で廃除の手続を進めて下さい。

2014年01月14日 06時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

遺言執行者に強い弁護士

【JR八丁堀駅徒歩2分】【初回相談無料】家庭内のトラブルや悩みなど、身近な問題ほど大きな悩みであり、これを解決...

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【関内駅徒歩1分】【初回相談無料】【土日祝日・夜間相談可】【24時間相談メール可】【現・法政大学兼任教員】全て...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ページ
トップへ