プレゼントの返還を求められ、無理矢理借用書を書かされた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時04分

 僕の友人(女性)が借金をしていないのに借用書を書かされました。とある男性がその友人に色々なプレゼントなどしてくれていたみたいです。ある日友人がその男性からセクハラを受け、それを拒んだところ、今までの色々なプレゼントなどに使った費用を返せと言ってきました。そして友人はその男性に脅され借用書を書かされました。この場合借用書は有効ですか。



(10代:男性)

匿名弁護士

     まず、相談者の友人はその男性から贈られたプレゼントを返却する必要はありません。なぜなら、口頭による贈与はその履行が完了した場合は撤回することができません。今回の男性から相談者の友人へのプレゼントは、口頭による贈与と考えられ、既に渡されていますので返却する必要はありません。また、プレゼントの返還義務がないということはプレゼント相当額の金銭の返還義務も負わないということになります。

     次に、金銭消費貸借契約は契約の成立に、当事者の合意だけでなく目的物の引き渡しなどの給付を必要とする要物契約です。ですので、今回のようにプレゼント相当額の返還義務を負っていない場合(この場合は準消費貸借契約)や新たに金銭の交付を受けていない場合には、金銭消費貸借契約は成立せず、当該借用書は効力を有しません。

     また、相談者の友人は脅されて借用書を書いたということですので、強迫による意思表示として取消すことも可能です。

2014年01月07日 04時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

祖父の定期預金の名義変更

生前贈与・死因贈与 2017年06月22日

母方の祖父の定期預金なのですが、既に満額になっており、もちろん名義は祖父の名前になっています。 最近、祖父に認知症の症状が見え始めました。 病状進行の最大の原因としては、一年前に祖母が倒れ、現在施設に入ってしまったことではないかと思い...

親名義の不動産を長男の単独所有として贈与する方法

生前贈与・死因贈与 2017年06月07日

父親名義の共同住宅があります。これを長男に生前贈与し単独所有にしたいのですがこのことを他の法定相続人に知られたくありません。この不動産が父親名義であることも長男に贈与することも他の相続人は知りません。勿論父親は今日迄長男が一切の生活の...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

生前贈与・死因贈与に強い弁護士

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

ページ
トップへ