造園業を営んでいた父親が急死した!職人さんへの報酬は残された家族が払うの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 05時30分

 父親は一人で造園の自営業をしていました。忙しい時は手伝いの人を頼んで仕事していました。 手伝いの人から仕事の請求書が送られてきたのですが父親が急に亡くなってしまいました。支払いの義務は家族にあるのでしょうか?



(20代:男性)

匿名弁護士

 相談者の父親の営んでいた造園業が株式会社の形をとっていた場合には、今回の仕事の報酬を支払う義務は会社にあります。他方、株式会社の形をとっていない場合には、今回の仕事の報酬を支払う義務は相談者の父親個人にあります。株式会社を法律上のいち人格(これを「法人格」といいます。)と考え経営者とは別人と考えるからです



 造園業が株式会社の場合、報酬の支払い義務はあくまで会社が負うので、相談者が経営者である父親の相続人であっても、その義務を負うことはありません。仮に、株式を相続し取締役になるなど、会社の経営を受け継ぐ場合には、会社(経営者)として報酬を支払う義務があります。



 造園業が個人経営(個人事業主)の場合、報酬の支払い義務も相続されることになります。つまり、息子である相談者を含めた相続人たち(家族)が連帯して報酬を支払う義務を負うということになります(民法896条899条)。



 報酬を支払うことができないのであれば、相続放棄民法938条940条)や限定承認民法922条)という手段もあります。

 相続放棄とは、プラスの財産(金銭等)もマイナスの財産(負債等)も両方とも相続しないというものです。

 限定承認とは、プラスの財産をもってマイナスの財産を弁済した後、余りが出ればそれを相続できるというものです。

 両方とも相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません(民法915条1項924条938条)。

2014年01月14日 05時30分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

合意の遺産分割でも、二次相続の時に相続人間で贈与とみなされる事はありますか?

生前贈与・死因贈与 2017年12月28日

遺産相続に関しての質問です。 父が二年ほど前になくなり3人の相続人、母、私(長男)、姉(長女・すでに既婚)により遺産分割協議の結果、和解により土地・家屋約9700万円と預貯金3000万円の相続遺産のうち、姉が預貯金の全てをとり、土地・...

生前に遺産相続放棄する方法を教えて下さい。

生前贈与・死因贈与 2017年11月24日

私には弟が1人居るんですが、最近家の増築ローンを組む為に自分が住んでる土地(今はまだ父名義になってて)を生前贈与して欲しいって行ってきたので、いうとおりにしてやりました。 その土地は父が亡くなった時に遺産分けとしてもともと弟にあげるつ...

母が亡くなり15年。 先の短い父(85歳)が最近再婚しました。

生前贈与・死因贈与 2017年11月07日

母が亡くなり15年。 先の短い父(85歳)が最近再婚しました。 身の回りの世話をしてもらう代わりに、亡くなった後、遺族年金がその人に入る様にとの配慮のようです。 ただ、家は次男である私に贈与したいとの意向です。 後でもめない為には生前...

離婚調停中です。自宅購入時に義母から妻へ自宅購入援助をしてもらったのですが、贈与税対策で、私宛の借用書を作成しています。法的に、私は義母への返済義務はあるのでしょうか?

生前贈与・死因贈与 2017年10月12日

現在、離婚調停中です。 結婚初期に、自宅購入(購入総額約3800万)の際に、義母から、妻へ自宅購入援助で、2000万を贈与してもらったのですが、贈与税対策で、私宛の借用として、見かけの借用書を作成し、毎月3万+ボーナス時に10万加算し...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

生前贈与・死因贈与に強い弁護士

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者のために最善を尽くしていきます

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ