遺贈と死因贈与の違いは?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 05時02分

 法律相談618の内容で、説例では「遺贈」、回答で引用している判例では「死因贈与」という表現が出てきますが、両者は、法律的にどのような違いがあるのでしょうか。

(30代:男性)

匿名弁護士

 「遺贈」とは、遺言によってする贈与のことをいいます(民法964条)。一方、「死因贈与」とは、贈与する者の死亡によって効力が生じる生前の財産の贈与契約ことをいいます(民法554条)。
 「遺贈」と「死因贈与」は、いずれも「贈与」の一種であるという部分で共通します。「贈与」とは、自らの財産を無償で他人に与えることをいいます(民法549条)。贈与には他に、書面によらない贈与(民法550条)・定期贈与(定期的に給付する贈与:民法552条)・負担付贈与(贈与を受ける者が親の面倒をみるなどの負担を負う贈与:民法553条)があります。
 また、「遺贈」と「死因贈与」は、贈与する者の死亡によって贈与の効力が生じる点でも共通します。
 では、「遺贈」と「死因贈与」は、どのような部分で異なるのでしょうか。
 第1に、それらを成立させるために必要な行為が異なります。すなわち、「遺贈」は、受贈者(贈与を受ける者)の意思に関係なく、贈与者(贈与する者)が一方的に意思を示せば足りる(単独行為)のに対し、「死因贈与」は、贈与者と受贈者との間で合意(契約)をする必要があります(遺贈以外の贈与に共通します)。
 第2に、「遺贈」は、遺言によってなされるため、書面(遺言書)の作成が必要になります(民法967条976条から979条)。これに対して、「死因贈与」は、必ずしも書面によってする必要がありません(最判昭和32年5月21日)。
 第3に、贈与の効力を撤回(否定)したいとき、「遺贈」は書面によっていつでも自由に撤回することができます(民法1022条)。これに対して、「死因贈与」は必ずしも書面によって撤回する必要がありません(最判昭和47年5月25日)が、撤回が制限されることがあります(最判昭和57年4月30日など)。
 このように、「遺贈」と「死因贈与」は、共通する部分と異なる部分があり、似て非なるものといえます。
 「遺贈」は、遺言という原則として受贈者に公開されないものによってなされるので、贈与の内容を知られたくない場合などに使用されます。これに対し、「死因贈与」は、契約によってなされるため、受贈者に贈与の内容を知らせるメリットがある場合などに使用されます。

2014年01月14日 05時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

合意の遺産分割でも、二次相続の時に相続人間で贈与とみなされる事はありますか?

生前贈与・死因贈与 2017年12月28日

遺産相続に関しての質問です。 父が二年ほど前になくなり3人の相続人、母、私(長男)、姉(長女・すでに既婚)により遺産分割協議の結果、和解により土地・家屋約9700万円と預貯金3000万円の相続遺産のうち、姉が預貯金の全てをとり、土地・...

生前に遺産相続放棄する方法を教えて下さい。

生前贈与・死因贈与 2017年11月24日

私には弟が1人居るんですが、最近家の増築ローンを組む為に自分が住んでる土地(今はまだ父名義になってて)を生前贈与して欲しいって行ってきたので、いうとおりにしてやりました。 その土地は父が亡くなった時に遺産分けとしてもともと弟にあげるつ...

母が亡くなり15年。 先の短い父(85歳)が最近再婚しました。

生前贈与・死因贈与 2017年11月07日

母が亡くなり15年。 先の短い父(85歳)が最近再婚しました。 身の回りの世話をしてもらう代わりに、亡くなった後、遺族年金がその人に入る様にとの配慮のようです。 ただ、家は次男である私に贈与したいとの意向です。 後でもめない為には生前...

離婚調停中です。自宅購入時に義母から妻へ自宅購入援助をしてもらったのですが、贈与税対策で、私宛の借用書を作成しています。法的に、私は義母への返済義務はあるのでしょうか?

生前贈与・死因贈与 2017年10月12日

現在、離婚調停中です。 結婚初期に、自宅購入(購入総額約3800万)の際に、義母から、妻へ自宅購入援助で、2000万を贈与してもらったのですが、贈与税対策で、私宛の借用として、見かけの借用書を作成し、毎月3万+ボーナス時に10万加算し...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

生前贈与・死因贈与に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

ページ
トップへ