法定分割後の譲渡について

User image 1 ぱふぱふさん 2017年09月13日 16時38分

三人の相続人長男、次男、三男がいます。
長男は全ての遺産を三男に相続させることを希望しています。
次男は法定分割を希望しています。
三男は全ての遺産を自ら相続したいと希望しています。
それぞれが主張を譲らなかったので、一旦1/3ずつの相続をし、分割直後、長男と三男の話し合いにより長男が自らの持ち分を、三男へ譲渡しました。
次男は話し合いには関与していません。
結局、長男0、次男1/3、三男2/3の分割となりました。
この場合、三男は長男から贈与を受けたこととなり、贈与税を納付しなければならないのでしょうか

共同相続人間の持ち分譲渡は、あたかも遺産分割協議で
分割することと同一視されるので、贈与税の課税はあり
ませんね。
相続税で処理されます。
一旦申告したあとになると、譲渡税や贈与税の問題が
出て来ますね。

2017年09月13日 17時57分

税金の相談は弁護士でなく税理士に相談された方がよいと思います。

最初から相続分を長男から三男に譲渡すれば
遺産分割協議と同様に取り扱われたと思いますが
遺産分割協議書を交わしてから譲渡すれば贈与と判断されても
仕方がない可能性があります。

税理士に相談してみてください。

2017年09月15日 09時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

入院中の生活費

贈与税 2017年07月19日

夫が入院し、しばらく退院できない状況です。 治療費や当座の生活費として夫の定期預金を解約して、150万円を私の口座に入金しました。 この場合、夫から私への贈与があったとして、贈与税がかかってしまうのでしょうか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

贈与税に強い弁護士

【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】相談者様とのやり取りは最初から最後まで弁護士である私が徹底的に担当...

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。《半蔵門駅から徒歩2分》《多摩地区への出張相談可》

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

ページ
トップへ