連れ子養子と戸籍と相続

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月13日 20時06分

 4月に彼女と入籍する予定です。彼女には4歳になる子どもがいます(未婚で出産)。

 もし、その子どもと私が養子縁組をすれば、戸籍上では(彼女と子どもは本当の母子なのに)「養母・養子」となってしまい、彼女はそれがひっかかるようです。



 「養母・養子」でなく戸籍にちゃんと「母・子」と記載されるような方法は事実婚しかないのでしょうか‥?

 もし事実婚となれば、どんなことがデメリットとしてあらわれますか?



 また、デメリットの1つに相続の問題もあると聞きましたが、例えば、事実婚をしたとしても、私が「その子どもにも、後から生まれる(私と彼女との間の)子どもにも、ちゃんと平等に相続してほしい」と遺言にきちんと残せば問題ないのでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

 相談者のおっしゃる通り、結婚後、相手の連れ子と養子縁組すると、戸籍の続柄は「養親・養子」と記載されます。



 相談者の恋人とその子どもが、戸籍に「母・子」と記載される方法としては、事実婚以外に、以下の2つが考えられます。



 まず、特別養子縁組をすることです。

 特別養子縁組をするには「子の利益のための特別の必要性」がなければなりません。

 ただ、この要件は、家裁審判においてかなり厳格に審査され、連れ子を特別養子にするケースは、認められにくいとされています。



 しかし、認められたケースも少ないですが、以下の事例が存在します。




  • 妻の非嫡出子と普通養子縁組をした夫婦からの特別養子縁組の申立てについて、民法817条の7に規定する「その他特別の事情がある場合」に該当するとして、特別養子縁組を認めた事例(宮崎家裁審判平成2年11月30日)


  • 妻の非嫡出子と普通養子縁組をしている夫婦からの特別養子縁組成立の申立を却下した原審判に対する即時抗告審において,民法817条の7に規定する「特別の事情がある場合」には,監護の著しい困難又は不適当な場合,又はそれに準ずる場合にとどまらず,特別養子縁組により新たな養親子関係を成立させ,父母及びその血族との親子関係を終了させることが子の利益のため特に必要と判断される事情のある場合をも含むものと解するのが相当であるとした事例(名古屋高裁平成15年11月14日決定)



 個別具体的な事情によって、「特別の事情」の判断は異なりますが、先例があることから連れ子と特別養子縁組することは不可能ではないと考えられます。



 次に、相談者とその恋人が婚姻はするが、相談者と連れ子が養子縁組をしない方法です。

 この方法の場合、恋人と子どもの続柄は「母・子」となります(なっとく法律相談「子連れ再婚、連れ子の戸籍上の続柄は?」参照)。

 しかし、相談者と連れ子の間には法律上の親子関係が形成されないので、相互に扶養・相続の関係に立たなくなります。この点においては、事実婚と同じといえます。



 また、この方法の場合、相談者と恋人は法律上夫婦となり、互いに扶養義務を負い、相続関係に立ちます。事実婚(内縁関係)では、妻に相続権はありません。



 「事実婚」や「連れ子と養子縁組をしない」場合における連れ子に相続権がないという問題は、遺言によって他の相続人の遺留分を侵害しない限度において解決することができます。

 もっとも、遺言は厳格な要式行為(法律上の要件を満たすことが必要不可欠な行為)ですので、もし遺言を作成されるのであれば、弁護士に相談されることをお勧めします。

2015年04月13日 20時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親権の無い父親が死亡した際の葬儀代、相続等の相談です

相続人 2017年12月14日

父母は離婚。共に再婚していない。 親権は母。現在、母と姉弟(共に学生)の3人暮らし。 その状況で、父が他界。葬儀その他で、父の家族ともめている。 金銭的事情もあり、葬儀その他は、極めて簡略に済ませたいが、 1)父の兄弟が葬儀を執り行な...

甥に私の実家を継いでほしいが、皆が一番幸せになるにはどうすればよいのか?

相続人 2017年12月12日

現在私の父は、90歳です。 母は入院中で、余命何ヶ月。 父と母の面倒はほとんど私が看ていました。 最近父は自分のこの先を考えていて、甥に家をやり、名前を継いでもらいたいと思っています。 甥は一番上の姉の子どもで小さいときから名前を継ぐ...

14年前に義父が貸した百万円。もし今後義父が亡くなったら、残金は相続人が回収することになりますか?

相続人 2017年12月04日

お人よしの義父は、十四年前に仕事がらみで、百万円を貸したそうです。 見せてもらった借用書には、借りた半年後には、返済する旨が書かれています。 しかし、実際は、少しずつしか払われていません。 去年も、五千円とか‥一応、年に数回位 払って...

相続について教えてください。

相続人 2017年11月28日

親戚内で、一人暮らし、子供もなしの高齢者が亡くなった場合に、 不動産他、財産は、兄妹に相続の権利、 兄妹が亡くなっている場合は、その子供、(故人の姪・甥まで)相続権があるということですね。 (1)兄妹たちがみな、高齢になると、その権利...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続人に強い弁護士

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

当事務所は30年の豊富な実績に基づき、遺産・相続に関するお悩みを的確に解決します。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

ページ
トップへ