日本人の配偶者が死亡した場合、外国人配偶者は相続できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年02月26日 18時29分

 私は30歳の韓国人で、31歳上の夫と結婚して2年になります。 夫には34歳の子供が一人いて、私とは奥さんが亡くなってまもなく結婚しました。
 日本の法律は外国人に対する遺産の相続を認めないと聞きましたが、そうなのでしょうか。
 夫は株式会社の社長で、私を受取人とする保険に入っていますが、保険金の相続など、遺産相続についてお答えお願い申し上げます。

(30代前半:女性)

匿名弁護士

     まず、「日本人の配偶者が死亡した場合、外国人配偶者は相続できるか」という点についてですが、この件について定める法の適用に関する通則法36条は、「相続は、被相続人の本国法による」としています。つまり、日本人が死亡した場合、相続は日本の民法によって規定されることになります。
     そして、日本の民法は、相続人について、被相続人の子などとともに、被相続人の配偶者も相続人であるとしています(民法890条)。
     したがって、日本人の配偶者が死亡した場合、その配偶者が外国人であっても、相続を受ける権利があるということになります。
     なお、


    1. 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所または居所を有し、かつ、現に日本に住所を有する者

    または、


    1. 日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有する者

    は、一定の条件を備える場合、法務大臣の許可により帰化することができ(国籍法5条7条)、この場合は日本国民となりますから、相続についても日本人と同じ手続となります。


     次に、死亡保険金の相続についてですが、


    1. 被相続人が自分を被保険者とし、受取人としていた場合

    には、死亡保険金は相続財産となり、相続人間で分割されることになります(最高裁平成6年7月18日判決)。
     これに対し、あなたのケースのように、

    1. 受取人が被相続人以外の場合、

    保険金を受け取る権利は、その受取人の固有の権利ということになりますから、相続財産ではないということになります。
     しかし、このように考えると、相続人の1人が受取人となっている場合に、受取人とされた相続人は多額の保険金を受け取ることができるのに、他の相続人はわずかの相続財産の分配を受けることしかできないという不公平が生じることになります。
     そこで、受取人に対し、贈与ないし遺贈があったとして取り扱うべきとする考え方があります。ただ、この点については現時点で確立した判例がありません。なお、相続税法では、受取人が相続人である場合には相続による取得とみなされます(相続税法3条)。

2015年02月26日 18時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

障害者となった人の財産について

相続人 2017年07月20日

父は、障害1級です。 両親は、離婚し母が子供の親権者となり養育しました。 障害年金を父の両親が管理していましたが、祖父母は高齢のため現在父の姉が管理をしています。 父が、亡くなり遺産相続となりました。 いくらかあった遺産も、葬儀代に使...

同居の家族に相続預金をすべて下ろされ使われてしまった

相続人 2017年07月10日

2年前、母方の祖母が亡くなりました。 母は祖母の生前(亡くなる半年ほど前) 「預金は1000万円ほどあるから、 私が死んだら仲良く分けるように・・」 と聞かされていました。 祖母の子供は4人で、長男夫婦と同居していました。 遺産分割に...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続人に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

ページ
トップへ