遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?

Legalus編集部さん 2016年06月01日

 Aに不動産の3分の2を相続させる旨の(検認済み)遺言があったが、共同相続人ABC共有名義で登記されている場合、所有者Aにする所有権更正登記申請を単独でA(他の相続人の判無し)ができますか?



(60代:女性)

関連Q&A

母の連れ子が法要代を払わず困っています

相続人 2016年03月11日

昨年、母が交通事故でなくなりました。父と母の間の子供は私1人ですが、母には父と一緒になる前に産んだ連れ子が3人います(母の子は合計4人)。父は文句もいわず、連れ子の3人も育てました。 ですが、20年ほど3人は実家にも来ず、母の葬儀や法...

音信不通の父の葬儀費用を払わなければならない?

相続人 2016年01月06日

音信不通だった実父が亡くなり、弟と名乗る人から、葬式費用と便利屋の費用の請求書が来て払いたいから父の通帳からお金を引き出して欲しいとのこと。父が亡くなったのは、一ヶ月前のようですが、亡くなったことも知らされていませんでした。勝手に葬式...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今回の相談事例において、遺言の詳細な内容が定かではないため確定的なお答えができませんが、「Aに相続させる」と記載されており「遺産分割方法を指定する旨の遺言」なのか「Aに遺贈する」と読み取るべきなのかで、対応が異なってくるため注意が必要です。



     基本的に、「◯◯を××に相続させる」と記載がある場合、前後の文脈から遺贈であることが明らかであるなど、遺贈だと考える特段の事情がないかぎり、「遺産分割方法の指定」と考えるのが裁判所の立場です(最判平成3年4月19日。なお、登記と対抗力については最判平成14年6月10日を参照)。



     遺産分割方法の指定と判断された場合、なんらの行為を要しないで、遺言書に示された遺産は被相続人の死亡の時から、遺言書において指定された相続人に承継されることになります。

     したがって、今回のケースであれば、Aさんは不動産の3分の2を取得することになります。また、遺産分割方法の指定と判断されれば、指定された相続人が単独で相続登記を申請することになります(他の相続人の判子無しで可能となります)。



     一方、今回のケースにおいて「Aに遺贈する」という内容であると判断された場合は、遺贈の義務者として相続人がいるため(民法896条)、相続人全員の同意を示すために印鑑証明など複数の書類が必要になってきます。



     今回のケースでは、遺言の内容によって手続きが大幅に変わってくる可能性があります。

     そのため、手続きに際して、弁護士などの専門家のサポートを受けたほうがスムーズになると思います。ぜひ一度、今後の手続きについて法律相談などを活用してください。

2016年06月01日

相続人に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ