遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年06月01日 17時23分

 Aに不動産の3分の2を相続させる旨の(検認済み)遺言があったが、共同相続人ABC共有名義で登記されている場合、所有者Aにする所有権更正登記申請を単独でA(他の相続人の判無し)ができますか?



(60代:女性)

匿名弁護士

     今回の相談事例において、遺言の詳細な内容が定かではないため確定的なお答えができませんが、「Aに相続させる」と記載されており「遺産分割方法を指定する旨の遺言」なのか「Aに遺贈する」と読み取るべきなのかで、対応が異なってくるため注意が必要です。



     基本的に、「◯◯を××に相続させる」と記載がある場合、前後の文脈から遺贈であることが明らかであるなど、遺贈だと考える特段の事情がないかぎり、「遺産分割方法の指定」と考えるのが裁判所の立場です(最判平成3年4月19日。なお、登記と対抗力については最判平成14年6月10日を参照)。



     遺産分割方法の指定と判断された場合、なんらの行為を要しないで、遺言書に示された遺産は被相続人の死亡の時から、遺言書において指定された相続人に承継されることになります。

     したがって、今回のケースであれば、Aさんは不動産の3分の2を取得することになります。また、遺産分割方法の指定と判断されれば、指定された相続人が単独で相続登記を申請することになります(他の相続人の判子無しで可能となります)。



     一方、今回のケースにおいて「Aに遺贈する」という内容であると判断された場合は、遺贈の義務者として相続人がいるため(民法896条)、相続人全員の同意を示すために印鑑証明など複数の書類が必要になってきます。



     今回のケースでは、遺言の内容によって手続きが大幅に変わってくる可能性があります。

     そのため、手続きに際して、弁護士などの専門家のサポートを受けたほうがスムーズになると思います。ぜひ一度、今後の手続きについて法律相談などを活用してください。

2016年06月01日 17時23分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

障害者となった人の財産について

相続人 2017年07月20日

父は、障害1級です。 両親は、離婚し母が子供の親権者となり養育しました。 障害年金を父の両親が管理していましたが、祖父母は高齢のため現在父の姉が管理をしています。 父が、亡くなり遺産相続となりました。 いくらかあった遺産も、葬儀代に使...

同居の家族に相続預金をすべて下ろされ使われてしまった

相続人 2017年07月10日

2年前、母方の祖母が亡くなりました。 母は祖母の生前(亡くなる半年ほど前) 「預金は1000万円ほどあるから、 私が死んだら仲良く分けるように・・」 と聞かされていました。 祖母の子供は4人で、長男夫婦と同居していました。 遺産分割に...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続人に強い弁護士

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

ページ
トップへ