長男に遺産相続させない方法

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 母は、父の遺産分割の話し合いの席で、長男が母を罵倒したことを大変怒っております。母は、「自分の死後、長男には遺産を一切相続させたくない。遺産は全て長女に譲りたい。」と言っております。

 母の希望通り、確実に長男に相続できないようにしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

(50代:女性)

関連Q&A

遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?

相続人 2016年06月01日

Aに不動産の3分の2を相続させる旨の(検認済み)遺言があったが、共同相続人ABC共有名義で登記されている場合、所有者Aにする所有権更正登記申請を単独でA(他の相続人の判無し)ができますか? (60代:女性)

母の連れ子が法要代を払わず困っています

相続人 2016年03月11日

昨年、母が交通事故でなくなりました。父と母の間の子供は私1人ですが、母には父と一緒になる前に産んだ連れ子が3人います(母の子は合計4人)。父は文句もいわず、連れ子の3人も育てました。 ですが、20年ほど3人は実家にも来ず、母の葬儀や法...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     長男に相続できないようにする方法としては、



    1. 遺言で長男の相続分をゼロに指定する

    2. 長男について相続人廃除をする

    という方法が考えられます。

     まず、「1. 遺言で長男の相続分をゼロに指定する」方法ですが、そのような指定をしても、長男には遺留分減殺請求権という権利があります。遺留分減殺請求権とは、本来相続権がある者に最低限の取り分を保証する制度です。長男がその権利を行使すると、法定相続分の2分の1の額について長男に返還しなければなりません(民法1028条、1044条)。

     次に、「2. 長男について相続人廃除をする」方法ですが、被相続人の生前に家庭裁判所に廃除請求する方法(民法892条)と遺言によって廃除の意思を表示しておく方法(民法893条)があります。
     どちらの方法でも、請求を受けた家庭裁判所は廃除事由である「虐待」「侮辱」「著しい非行」が推定相続人にあるかを判断することになります。

2014年01月14日

相続人に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ