長男に遺産相続させない方法

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 母は、父の遺産分割の話し合いの席で、長男が母を罵倒したことを大変怒っております。母は、「自分の死後、長男には遺産を一切相続させたくない。遺産は全て長女に譲りたい。」と言っております。

 母の希望通り、確実に長男に相続できないようにしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

(50代:女性)

関連Q&A

親族間の争い

相続人 2017年01月13日

祖父が亡くなりました。長男である私の父が母と共に30年間祖父と5年前に他界した祖母と同居をしていました。田舎なので田畑もあり、本家ということで仏壇やお墓を守る役目を父と母が引き継いでいます。祖父の亡き後、父の兄弟3人(次男と長女&次女...

相続権についてご教示下さい

相続人 2017年01月11日

以下の場合の 遺産相続権と其の割合は如何様になりましょうか? 配偶者無し 先妻との間に子2人 後妻との間に子3人 先妻とは離婚(先妻の行方は不明)、後妻は死別 先妻との子のうち、長男は引き取り、長女は当時(長女2歳の頃)の生活環境から...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     長男に相続できないようにする方法としては、



    1. 遺言で長男の相続分をゼロに指定する

    2. 長男について相続人廃除をする

    という方法が考えられます。

     まず、「1. 遺言で長男の相続分をゼロに指定する」方法ですが、そのような指定をしても、長男には遺留分減殺請求権という権利があります。遺留分減殺請求権とは、本来相続権がある者に最低限の取り分を保証する制度です。長男がその権利を行使すると、法定相続分の2分の1の額について長男に返還しなければなりません(民法1028条1044条)。

     次に、「2. 長男について相続人廃除をする」方法ですが、被相続人の生前に家庭裁判所に廃除請求する方法(民法892条)と遺言によって廃除の意思を表示しておく方法(民法893条)があります。
     どちらの方法でも、請求を受けた家庭裁判所は廃除事由である「虐待」「侮辱」「著しい非行」が推定相続人にあるかを判断することになります。

2014年01月14日

相続人に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ