母が今のうちに遺言を書くとしたらどこまで書いてOKで、書いたところでそれは有効になるんでしょうか?

User image 1 にゃんころりさん 2017年08月07日 19時09分

下記のような家族状況なのですが…

1、母(父は他界)と、兄弟3人がいます。
2、兄弟のうち上2人は独立し家庭を持っています。
3、母は高齢で病気がちです。兄弟の一番下(独身)と同居しています。
4、一番下の兄弟は、長年患っている病気があり働くことができません。
5、母と一番下の兄弟の生活は、母の年金とアパートや駐車場(どちらも母名義)の賃貸収入で何とか賄っている感じです。(賃貸収入もそんなに多くないようですし、アパートを建てたときの借金もいくらか残っているようです・・・)

で、母が遺される一番下の兄弟を心配して、自分が死んだあとはアパートや駐車場を上の兄弟二人に引き継いでもらって、その収入の一部を毎月いくらか生活費として一番下の兄弟に渡してもらうようにし、上の兄弟2人が終生一番下の兄弟を面倒してもらいたいと思ってるようなのですが、遺言で書くことって出来ますか?さらに、上の兄弟2人が先に亡くなってしまった場合まで心配しているのですが、上の兄弟2人が亡くなった場合は、孫たちに一番下の兄弟の面倒を死ぬまでめんどうみてもらうように遺言に書いてもそれは有効でしょうか・・・?

上の兄弟二人は母が亡くなった場合弟の面倒を見ていくように考えているみたいなんですが、奥さんは弟さんと仲が悪いようで、実際に上の兄弟二人が先に亡くなってしまったら面倒見てもらえないんでは…という心配があるようです。

以上のことも踏まえて、一番下の兄弟が亡くなるまでは土地や建物を売らないようにしてもらうこともできないかと考えてるようなのですが・・・

もし、母が今のうちに遺言を書くとしたらどこまで書いてOKで、書いたところでそれは有効になるんでしょうか?

上記のような遺言を作成した場合、一番下の弟さんへの金銭的支援についてどこまで効力が認められるか微妙な所ですが、将来何らかの理由により一番下の弟さんへの援助が打ち切られたり、不動産が売却されてしまう可能性は否定できません。
また、遺言だけでそうした事態発生の防止を担保できるとは限りません。

それよりは、一番下の弟さんに不動産を相続させて、他のご兄弟は極力預貯金等で調整するようにした上で、一番下の弟さんは不動産業者に管理は委託するか、症状に応じて成年後見人・保佐人・補助人を選任した上で不動産収入を管理して頂く形にした方がよいのではないかと思います。

ただ、借金については遺言のみでは特定の相続人に相続させることはできませんので、なるべく早めに返済してしまった方がよいかと思います。

2017年08月07日 19時28分

弟の面倒を見ることを条件に、遺言書で資産を
相続させることは可能です。
もとろん存命中に、その話をして了解を取り付け
て置くべきですね。
遺言書は見せて置くといいでしょう。
孫たちに向けての遺言は無効ですから、上の
兄弟2人に言い聞かせて置くことと、その希望を
付言事項として遺言書に記載して置くといいです
ね。
いずれにしても弁護士と相談しながら文案を考え
るといいでしょう。

2017年08月07日 19時30分

母が遺される一番下の兄弟を心配して、自分が死んだあとはアパートや駐車場を上の兄弟二人に引き継いでもらって、その収入の一部を毎月いくらか生活費として一番下の兄弟に渡してもらうようにし、上の兄弟2人が終生一番下の兄弟を面倒してもらいたいと思ってるようなのですが、遺言で書くことって出来ますか?
  弟の面倒を見ることを条件に相続させるということも負担付遺贈が許されていることから有効だと思います。
  ただ、不履行されて取り消すときや兄弟二人が遺言を受託しない場合もあることから
  その場合は、一番下の弟に全て相続させるという遺言を書いておかないと
  遺言を受託しないような場合は法定相続分に従って均等に相続することになってしまいます。

さらに、上の兄弟2人が先に亡くなってしまった場合まで心配しているのですが、上の兄弟2人が亡くなった場合は、孫たちに一番下の兄弟の面倒を死ぬまでめんどうみてもらうように遺言に書いてもそれは有効でしょうか・・・?
  孫にまで負担をさせる遺言は、孫にも遺贈をしないと難しいと思います。

  おそらく、全て、一番下の弟に相続させ、信託などにより不動産管理を委託した方がよいと思います。
  他の兄弟2人の遺留分については預金等で賄えるようにされたらよいと思います。
  弁護士に面談で相談した方がよいと思います。

2017年08月08日 09時10分

そういう趣旨の信託契約は可能です。
信託は遺言でもできます。
ただ、遺言は様式が厳しく、記載方法や内容の表現の仕方の誤りで効果が出なかったり、変わったりします。
弁護士に依頼して、公正証書の遺言を作成すべきでしょう。

2017年08月09日 09時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

遺言書の記載について(有料老人ホームの入居一時金返還金を返還金受取人以外の人が相続する様にしたい)

遺言書の書き方 2020年07月06日

親が、有料老人ホームへの入居を検討しており、入居に際しては、身元引受人を近隣に居住する私に頼みたいとのことです。 老人ホームとの契約書は、万が一の際の入居一時金の返還金受取人は身元引受人が兼ねる(但し、返還金受取人の変更は可能)という...

遺言を書く時に気をつけることをお教え戴ければ幸甚です

遺言書の書き方 2020年05月29日

公正遺言証書に高額の費用がかかるため、家族で作成したいと思います 遺言の書き方に関して具体的にお教え戴ければ幸甚です

本人が一度も見ていない遺言書は有効か

遺言書の書き方 2017年12月18日

宜しくお願いします 私はALSと言う難病で、気管切開をして人工呼吸器をつけて病院に一生入院です 昨年まで娘が一生懸命に私の看病をしてくれました 今年に入って、3月に家を娘に贈与をしました、4月に約150坪の土地を娘に次に娘の婿養子に ...

母が自分の意思で母の財産の相続の配分を決める事のできる方法等ございましたら教えてください。

遺言書の書き方 2017年11月14日

父は数年前に他界し、私達子供3人は遺留分の相続を放棄しました。 その際正式に証書を作成し、署名捺印しています。 そしてその後、母は『母自身の書いた遺言には子供全員、異議申し立てをせず、従う』という書面を自筆で書き、 そこに私達兄弟3人...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する