遺言が出てきた!放置したら犯罪?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年06月24日

 先日、父が亡くなりました。私と兄が残されました。

 ベッドの下に、遺言と書いた封書がはさまれていることを発見しました。
 父には昔、愛人がいて、子供がいるらしいということを聞いたことがあります。わたしたちに不利な内容の遺言ではないかと心配しています。

 そのまま放置した場合、犯罪になったりするのでしょうか。

(40代:女性)

関連Q&A

親からの債務継承と新たな連帯保証人について

相続手続 2017年03月28日

母親が昨年亡くなりました。 1.父親は8年前に死去。 2.相続人は長男である私と、長女(妹)の2名。 3.相続については公正証書の遺言書も作成しており、妹の間とも問題なく、遺産分割協議書の作成・相続税納税・動産/不動産の登記等完了して...

亡き父親の預金、生家の相続について

相続手続 2017年01月03日

6年前に亡くなった父親の生家(現在は廃屋)で片付けをしていた際、農協などの預金通帳が出てきました 額面は、70万円ほどです また、生家の名義は父親のままで、現在は廃屋です 私には1人の兄、1人の妹がいるのですが、兄は数年前に倒れてしま...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民法は、遺言書の保管者がいない場合、相続人が遅滞なく、家庭裁判所に提出して、検認を請求しなければならないとしています(民法1004条)。



     検認とは、遺言者の真意を確かめるために、遺言書の形式などを確認し、偽造・変造がないよう、保存を確実に行う手続きです(公正証書による遺言の場合、検認は不要)。

     封筒に封印がある場合は、相続人または代理人が立ち会って家庭裁判所で開封しなければなりません。



     以上の手続きを怠ると、刑罰ではありませんが、過料(5万円以下)の制裁があります(民法1005条)。過料とは、刑罰である科料とは異なり、一種の行政処分です。

     また、「遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者」は、相続人となれないので注意してください(民法891条5号)。

2016年06月24日

相続手続に強い弁護士

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ