32年前に亡くなった祖母の遺産を請求された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 05時49分

 最近、伯母(父の姉)が、32年前に亡くなった祖母の財産を請求してきました。
 伯母によれば、祖母から「2ケ所の土地(現価:1800万円程度)を相続させるからねと言われたことがある」とのことですが、現在の土地名義人は私の父です。父によると、「祖母からそんなことは聞いてないし、財産を分与する気もない」とのことです。
 こんなことを言い出す伯母に対して、私達が出来ることは有るでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

 相手方(あなたの伯母)の主張を法的に構成すれば、「32年前、亡き母(つまり、あなたの祖母)と2ヶ所の土地についての贈与契約を締結した」ということになります。相手方が裁判でこのような主張をしてきた場合、あなた方はどのような主張をすることになるのでしょうか?
 相手方の主張は、「そもそも原所有者(祖母)の死亡によって、2ヶ所の土地所有権は伯母に移転しているので、現在の所有者とされる者(あなたの父)に権利はない」というものです。そこで、「生前に贈与契約が締結された」という事実について、相手方が証明責任を負うことになります。その証明がされない以上、現在の所有関係に変動をきたすことはありません。あなた方としては「生前に贈与契約が締結されたとする事実は存在しない」と主張していくことになるでしょう。

 では、仮に贈与契約の存在が確認されてしまった場合はどのような主張をすることになるのでしょうか?
 本件では、原所有者(祖母)の死亡からすでに32年が経過しています。そこで、あなた方としては取得時効162条)の成立を主張することが考えられます。
 取得時効制度は、永続した事実状態を尊重する点に趣旨があります。取得時効が成立するためには「物を占有した」(162条)ことが必要とされ、占有権は「自己のためにする意思を持って物を『所持』する」ことによって取得するものとされています(180条)。そこで、『所持』とは現実にその物を支配することとされるところ、10年(取得時効の対象物を支配し始めたときに、それが自分の所有物であると過失なく信じていた場合)または20年間(取得時効の対象物を支配し始めたときに、それが他人の所有物であると知っていたか、あるいは過失によって自分の所有物であると信じてしまっていた場合)、永続して2ヶ所の土地を現実に支配してきたことの証明責任はあなた方が負担することになります。

 以上から、本件が裁判となる場合に備え、(1)贈与契約の存在および(2)祖母死亡後の土地の支配関係について調査しておくことが、あなた方にとって有益ではないかと思われます。

2014年01月14日 05時49分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借金を残して亡くなった妹に関して、手続の方法を教えてください。

相続手続 2017年11月24日

妹は2人の息子を残し4年前に離婚しました(息子2人は東京) 当時は東京に住んでいましたが、離婚後千葉に引っ越してきて1人でアパートに住んでいました 急性肝炎から劇症肝炎になり1か月もたたない間に亡くなってしまいました 後から調べたら、...

相続関係の書類に印を押していいかどうか

相続手続 2017年11月20日

先日、不動産業を営んでる(自分の土地+マンションのみ)祖母が亡くなりました。 相続人は孫の私と祖母が生前に養子に迎えた祖母の会社の方、合計2名です。 その方から会社の運転資金が祖母の口座にあり凍結してしまったからそれを解除する書類をか...

死亡した父の口座から、誰かがお金を引き出したようです。

相続手続 2017年11月16日

死亡した父が、過去に会社に貸付金をしており、その返済をある口座に6年くらいかけて返済をしていたという事が財産目録を作る中でわかりました。 また、その口座の通帳、印鑑、キャッシュカードは遺品としてありませんでした。 会社よりその口座があ...

祖母の名義の土地建物の一軒家を守る方法

相続手続 2017年10月05日

現在祖母の名義の土地建物の一軒家に 祖母、父、私(長男)、妹の四人で暮しています 母(祖母の実の娘)はだいぶ前に他界しています 祖母からみた父は婿養子になります 上記の事をふまえ質問です 祖母と父は仲が悪く 私と妹も父と話すらしません...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続手続に強い弁護士

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【初回相談無料】地元の奈良において、気軽に相談ができる、かかりつけの医者のような 弁護士でありたいと考えており...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

ページ
トップへ