亡き夫が交わした贈与契約、撤回できない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年07月14日 20時40分

 知人夫婦が店を経営していましたが、ご主人が亡くなりました。ご主人は生前、店の従業員Aに対し、「自分達が辞めたらこの店をやる」と口約束していたそうです。書面などはありません。
 ご主人が亡くなった後は奥さんが経営しているのですが、Aの態度がいきなり変わり、「早く辞めて店をよこせ」と圧力をかけてくるそうです。
奥さんとしては、夫が生前にAに対してした贈与契約を撤回し、店を渡さないようにしたいのです。しかし、民法550条の「書面によらない贈与契約」は当事者しか撤回できないみたいです。
妻は夫の相続人として贈与契約を撤回することはできないのでしょうか?

(20代:男性)

匿名弁護士

 民法は、贈与に契約としての拘束力を認めています。そこで、相続人は、他の司法上の契約と同様に、死亡した本人の契約上の地位を承継し、贈与者としての契約責任、すなわち財産移転義務を負うことになります。
ただ、贈与契約は、無償で財産を与え、また与えられるというものですから、特に当事者の意思が尊重されなければなりません。そこで民法は、書面による贈与(550条本文)と履行が終了した場合(同条ただし書)を除いて、各当事者は贈与契約を自由に撤回することができると規定しています。
そうだとすると、契約を撤回しないまま贈与者が死亡した場合にはどう考えればいいのでしょうか。これは、「撤回しなかった」という本人の意思を尊重して、贈与の意思が継続していたもの考えるべきでしょう。したがって、やはり相続人は贈与者としての契約責任を承継し、贈与者に代わって財産移転義務を負うと考えられます。

しかし、この事案では、贈与者であるご主人は、「自分達がやめたらこの店をやる」といっていたといいます。これは、「夫婦が経営をやめたら」贈与契約を履行するという、条件付契約と考えられます。それならば、ご主人が亡くなった後奥さんが経営しているという事情の下では、まだ条件が成就していないため、履行期は到来していないということができます。したがって、奥さんは、店を明け渡す必要はありません。

また、奥さんとしては、夫が生前にAに対してした贈与契約を撤回し、店を渡さないようにしたいということです。しかし、ご主人が一人で贈与を決意したのなら、奥さんは当事者たる地位にないため、契約を撤回したり、取り消したりすることはできません。
ただ、ご主人の意思としては、Aを営業の後継者と認めたからこそ、店を与えようとしたのでしょう。そうだとすると、Aは、現経営者である奥さんに対し敬意を持って接し、営業にも協力するという契約上の義務を負っていると考えられます(負担付贈与553条)。
負担付贈与では、受贈者も債務を履行しなければなりません。ところが、Aの態度はそれに相応しくないものですから、Aは債務不履行に陥っています(「忘恩行為を理由とする贈与の撤回」といわれる問題です)。
したがって、奥さんは、Aの債務不履行を理由として、贈与契約を解除できるということになります。

2014年07月14日 20時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借金を残して亡くなった妹に関して、手続の方法を教えてください。

相続手続 2017年11月24日

妹は2人の息子を残し4年前に離婚しました(息子2人は東京) 当時は東京に住んでいましたが、離婚後千葉に引っ越してきて1人でアパートに住んでいました 急性肝炎から劇症肝炎になり1か月もたたない間に亡くなってしまいました 後から調べたら、...

相続関係の書類に印を押していいかどうか

相続手続 2017年11月20日

先日、不動産業を営んでる(自分の土地+マンションのみ)祖母が亡くなりました。 相続人は孫の私と祖母が生前に養子に迎えた祖母の会社の方、合計2名です。 その方から会社の運転資金が祖母の口座にあり凍結してしまったからそれを解除する書類をか...

死亡した父の口座から、誰かがお金を引き出したようです。

相続手続 2017年11月16日

死亡した父が、過去に会社に貸付金をしており、その返済をある口座に6年くらいかけて返済をしていたという事が財産目録を作る中でわかりました。 また、その口座の通帳、印鑑、キャッシュカードは遺品としてありませんでした。 会社よりその口座があ...

祖母の名義の土地建物の一軒家を守る方法

相続手続 2017年10月05日

現在祖母の名義の土地建物の一軒家に 祖母、父、私(長男)、妹の四人で暮しています 母(祖母の実の娘)はだいぶ前に他界しています 祖母からみた父は婿養子になります 上記の事をふまえ質問です 祖母と父は仲が悪く 私と妹も父と話すらしません...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続手続に強い弁護士

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

ページ
トップへ