亡き夫が交わした贈与契約、撤回できない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年07月14日 20時40分

 知人夫婦が店を経営していましたが、ご主人が亡くなりました。ご主人は生前、店の従業員Aに対し、「自分達が辞めたらこの店をやる」と口約束していたそうです。書面などはありません。
 ご主人が亡くなった後は奥さんが経営しているのですが、Aの態度がいきなり変わり、「早く辞めて店をよこせ」と圧力をかけてくるそうです。
奥さんとしては、夫が生前にAに対してした贈与契約を撤回し、店を渡さないようにしたいのです。しかし、民法550条の「書面によらない贈与契約」は当事者しか撤回できないみたいです。
妻は夫の相続人として贈与契約を撤回することはできないのでしょうか?

(20代:男性)

匿名弁護士

     民法は、贈与に契約としての拘束力を認めています。そこで、相続人は、他の司法上の契約と同様に、死亡した本人の契約上の地位を承継し、贈与者としての契約責任、すなわち財産移転義務を負うことになります。
    ただ、贈与契約は、無償で財産を与え、また与えられるというものですから、特に当事者の意思が尊重されなければなりません。そこで民法は、書面による贈与(550条本文)と履行が終了した場合(同条ただし書)を除いて、各当事者は贈与契約を自由に撤回することができると規定しています。
    そうだとすると、契約を撤回しないまま贈与者が死亡した場合にはどう考えればいいのでしょうか。これは、「撤回しなかった」という本人の意思を尊重して、贈与の意思が継続していたもの考えるべきでしょう。したがって、やはり相続人は贈与者としての契約責任を承継し、贈与者に代わって財産移転義務を負うと考えられます。

    しかし、この事案では、贈与者であるご主人は、「自分達がやめたらこの店をやる」といっていたといいます。これは、「夫婦が経営をやめたら」贈与契約を履行するという、条件付契約と考えられます。それならば、ご主人が亡くなった後奥さんが経営しているという事情の下では、まだ条件が成就していないため、履行期は到来していないということができます。したがって、奥さんは、店を明け渡す必要はありません。

    また、奥さんとしては、夫が生前にAに対してした贈与契約を撤回し、店を渡さないようにしたいということです。しかし、ご主人が一人で贈与を決意したのなら、奥さんは当事者たる地位にないため、契約を撤回したり、取り消したりすることはできません。
    ただ、ご主人の意思としては、Aを営業の後継者と認めたからこそ、店を与えようとしたのでしょう。そうだとすると、Aは、現経営者である奥さんに対し敬意を持って接し、営業にも協力するという契約上の義務を負っていると考えられます(負担付贈与553条)。
    負担付贈与では、受贈者も債務を履行しなければなりません。ところが、Aの態度はそれに相応しくないものですから、Aは債務不履行に陥っています(「忘恩行為を理由とする贈与の撤回」といわれる問題です)。
    したがって、奥さんは、Aの債務不履行を理由として、贈与契約を解除できるということになります。

2014年07月14日 20時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

土地について。

相続手続 2017年05月31日

先日、母親が亡くなりました。 私は母親と、40年以上同居生活をしてきました。母親が亡くなったことで、私が住んでいる今の家を姉が売りたいと言ってきました。私は、その家に亡くなった母親と長年住んできたので、売りたくありません。売る選択肢を...

故人の彼氏が遺産を持ったまま連絡不通になりました。

相続手続 2017年05月30日

先日、姉が亡くなりました。 姉は、×1子ども有りです。 姉には、6年間、お付き合いをしている男性がいて、 その方も葬儀等に出席しました。 その時に姉の住居(1人暮らし賃貸アパート)の 光熱費等の手続きをやると言うので 母が信頼して、残...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続手続に強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ページ
トップへ