相続税の申告と相続税について、どうすればよいですか。

User image 1 lu_c93c78dfさん 2019年06月04日 23時44分

相続税に関しての質問です。
父の生命保険と預金があります。
母はすでに死亡しており、兄弟のみで相続することになります。
生命保険と預金について、相続税がかからない金額を教えていただけますか。
また、相続税がない場合、税務署に申告する必要があるのでしょうか。

◆生命保険金(死亡保険金)のうち、500万円 × 法定相続人の数の部分は、
非課税財産となります。

なので、相談者さんと兄弟の人数が合計2名であれば、1000万円
3名であれば1500万円・・・というのが
生命保険金(死亡保険金)のうち非課税財産となります。

生命保険金(死亡保険金)から非課税財産の部分を引いた金額が
正味の遺産額に含まれます。

注意:生命保険の内容によっては相続税の対象外のこともありますので、
詳しいことは、内容が分かる書類を持参等されて
税理士/税務署に確認された方がベターです。

◆相続税の基礎控除額は、3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数です。

なので、相談者さんと兄弟の人数が合計2名であれば、4200万円
3名であれば4800万円・・・というのが基礎控除額となっていきます。

◆例えばですが、法定相続人が2名、
預金が2000万円、生命保険金が2000万円だったとすると、

2000万円+(2000万円ー1000万円)=3000万円が正味の遺産額
基礎控除額は4200万円なので、相続税はかからない、というような形になります。

◆生命保険と預金だけであれば、特例を使うわけではないので、
正味の遺産額が基礎控除額内であれば、申告は不要です。

念のため確認されたい点などがあれば、
被相続人であるお父様の住所地を所轄する税務署の 
タックスアンサーなどで詳しいところをお尋ね頂ければと思います。

↓税務署の所在地を調べるサイト
https://www.nta.go.jp/about/organization/index.htm

2019年06月05日 06時40分

基礎控除は4200万
生命保険は1000万
これ以上の、相続ですか。
相続税がかからない時は、無申告です。
相続税がかかる場合は、全体の7%くらいと言われてます。
大半は、相続税不要ですね。
あとは、2人で分割協議ですね。

2019年06月05日 09時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

小規模宅地の特例に関する限度面積の取り扱いに関して

相続税 2020年07月21日

小規模宅地の特例に関して限度面積が設けられております これは限度面積までは全て特例対象となるのか 或いは限度面積を超える不動産は全て除外されるのか ご教唆賜りたくお願い申しあげます

相続時精算課税制度における家なき子の取り扱い

相続税 2020年07月21日

相続時精算課税制度における家なき子の取り扱いについてご説明いただきたく存じます

購入時より値上がりした不動産の相続に関して、注意点をご教示賜りたくお願い申しあげます

相続税 2020年05月29日

不動産の路線価格が上昇した場合の相続の注意点に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

1)過去の相続税の支払い状況を調べるにはどうしたらよいか 2)将来東京都以外の土地不動産が値下がりし売却も寄贈も不可となり税金のみ徴収される状態となる可能性が高いか

相続税 2020年05月27日

1)祖父と祖母の相続時に支払われた相続税に関して(平成7年14年)現時点で支払い状況を調べるにはどのようにすれば宜しいですか 既に7年以上経過しておりますが、適正な支払いでなかった場合、現時点で修正が求められますか 修正が必要な場合ど...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する