遺産相続で不動産は相続放棄して(他の相続人に相続してもらい)、金融資産は相続放棄しない場合の私の相続税

User image 1 Pさまさん 2019年10月13日 09時45分

50年近く会っていない叔父(一人身)の相続です。相続人は甥姪の17人のみで、被相続人には不動産(自宅)1700万くらいと金融資産1700万くらいがあると、被相続人の隣の市に住む甥Aが調べ、その遺産を放棄してほしい旨がAから届きました。私は不動産はAに相続してもらい、金融資産については相続したいと思います。その場合の手続き(全部遺産放棄した場合との違いを含め)と相続税の計算法を教えてください。Aと私以外の相続人15名の大半は放棄すると思われますが(被相続人を知っているのはAと私くらいしかいないので)、実際はどうなるか全く不明です。

1.法的には「相続放棄」とは相続財産全体につき放棄するか否かですので、貴殿が金融資産を相続し、甥Aが不動産を取得するという趣旨であれば、具体的な遺産分割内容ということになるでしょう。
 全体の「相続放棄」の場合は家庭裁判所への申述が必要であるのに対し、遺産分割協議の場合は、資産の評価を含む調査の上、相続人全員で遺産分割協議書を作成の上、法務局への登記手続や金融機関への届出等の手続が必要です。
 資産がプラスの場合は他の相続人が全体の「相続放棄」を行う可能性は低く、法定相続分に応じた分割を行う必要があるでしょう。話し合いがまとまらなければ遺産分割調停が必要になる可能性があります。
 いずれの場合も、被相続人の除籍謄本や相続人の戸籍謄本等、相続人を特定する資料は必要になります。

2.相続税に関しては、3000万円+600万円×法定相続人数分の基礎控除があります。
 法定相続人多数の場合は、基礎控除額を超える可能性は低いですが、何らかの理由により課税される場合は、おおざっぱにいうと、相続税法上の課税対象遺産額(民法上の遺産総額とは異なります)を基に全体の相続税額を計算し、各相続人の相続税法上の遺産取得割合を乗じた金額になります。
 詳細に関しては、税理士にご相談いただいた方が良いでしょう。

2019年10月13日 09時57分

17人相続人がいたら、3000プラス600×17で
基礎控除は1億超えますから、相続税はかかりませんね。
放棄があっても、基礎控除額には影響しないですね。
あとは、放棄手続き後に、分割協議をして、遺産を分配
すればいいですね。

2019年10月13日 10時45分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不動産所得の相殺と不動産所有権

相続税 2021年10月07日

相続税の減額により不動産の所有権を失うことがあるか に関する質問となります 1)土地と建物の所有者と異なる第三者が、所有者に無断で、賃貸契約を結ぶことができるか 2)1)の賃貸契約により、親が、子の不動産所得(ー仮に毎年550万円とす...

被相続者から相続者への債務処理実務に関して

相続税 2021年08月29日

被相続者から相続者への債務がありこれが 相続者への未入金部分となっております これが 減額相殺できるか否か 出来ない場合 相続時減額し相続修正時納付が可能か 税法にお詳しい弁護士の方にお願い致します

相続に関する相続者保護ーー税理士の一方的対応からの相続者保護として可能なことはあるか

相続税 2021年08月21日

1)税理士に対する善感注意義務の指摘にも関わらず 遺産総額・財産目録・相続税額算出の詳細な根拠を明示しない(きわめて粗い根拠を提示しやや多めの相続税額を提示し十分な補正調整を行わない)場合に相続者を保護するにはどうすべきか 2)税理士...

民法と相続法における相同

相続税 2021年08月20日

民法と相続法における相同に関してお教えいただきたく存じます。民法では税金(固定資産税)を支払った者が 所有権(不動産)を獲得する訳ではない。相続法でも不動産の相続税を払った者が その不動産の所有権を獲得する訳ではないは正しいか否か。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する