遺産分割協議書はさかのぼって作成することはできますか?

User image 1 1867さん 2018年03月21日 21時55分

遺産分割協議書をさかのぼって作成することはできますか?私の祖母は20年前に他界しました。祖母には3姉妹がいます。そのうちの長女が私の母になります。母は軽度精神的な疾患もあり、遺産分割協議書を作成せずに、次女が祖母の現金預金、医療保険を一人で全部相続しています。しかも、祖母には持ち家があり、その家に20年近く祖母からの名義変更なしに持ち家に住んでいます。3女は田舎は遺産分割協議書は作らず、祖母の面倒を見た人が全部受け取るものと思い、文句は言っていません。20年祖母の家に無料で住み続けていた、次女は老朽化した家を売りたいと言い出し、3人でその家を3分割しましょうと言い出しました。しかし、今思うと、20年間無料で祖母の家に住み、現金預金、医療保険の受取りを全部ひとりで受け取っていたかと思うと納得ができません。さかのぼってきちんと預貯金と家を売ったお金を合わせて3人で3等分することはできないのでしょうか?

遺産分割未了の不動産についてはこれから分割可能ですし、他の財産についても全員が合意すれば、再度遺産分割協議書を作成することは可能です。

しかし、預貯金や他の金銭について次女の方が受取済みであれば、金銭の不当利得返還請求権ないし不法行為に基づく損害賠償請求権につき消滅時効が成立している可能性があります。

もっとも、お母様が10年以上前から精神疾患を有しており、遺産分割協議を行えるだけの判断能力がなかったと認められる場合には、成年後見人・保佐人等の法定代理人選任後6カ月以内は時効が完成しないとされます(民法161条1項)。

したがって、金銭を含む遺産分割の可否は、お母様の精神疾患歴を踏まえた消滅時効の成否によりますが、詳細は弁護士依頼を含めてご検討頂いた方がよいのではないかと思います。

2018年03月21日 22時20分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親子間の借金と相続税申告についての質問です。

相続税 2020年10月20日

・15年以上前に、子供が親から不動産購入目的で2000万円借りました。 ・借用書があり、月5万円返済していくと記載(親の銀行口座へ振り込み)。利息についての記載無し。 ・子供の事情により、途中で返済できなくなり、さらに、途中まで返済し...

小規模宅地の特例に関する限度面積の取り扱いに関して

相続税 2020年07月21日

小規模宅地の特例に関して限度面積が設けられております これは限度面積までは全て特例対象となるのか 或いは限度面積を超える不動産は全て除外されるのか ご教唆賜りたくお願い申しあげます

相続時精算課税制度における家なき子の取り扱い

相続税 2020年07月21日

相続時精算課税制度における家なき子の取り扱いについてご説明いただきたく存じます

購入時より値上がりした不動産の相続に関して、注意点をご教示賜りたくお願い申しあげます

相続税 2020年05月29日

不動産の路線価格が上昇した場合の相続の注意点に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する