遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 相続

遺言を残すことで、思い通りに遺産を相続させたり、相続人がトラブルにならないように配慮することができます。自筆証書・公正証書・秘密証書など種類があり、作成方法・費用・信用性などメリット・デメリットを考慮して自分に合った遺言を選びましょう。
ここでは、遺言の方式と種類の違いについて説明するとともに、遺言にまつわる知識と、遺言作成を得意としている弁護士・法律事務所を紹介します。

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言)

Eyecatch igon
Go To Top Html