公正証書遺言の作製に当たって「聞き取った遺言の内容を筆記し、公証人が証書を作成した手順・方式を付記し、署名・押印する」とのことですが簡素化できるものでしょうか?費用はどのくらいになりますか。

User image 1 lu_2593f802さん 2020年02月04日 18時17分

口述できない人は、自書で伝えることも可で、公証人が、聞き取った遺言の内容を筆記。
とのことですが、体力的・年齢の点、で口頭又は全文自書で公証人に遺言内容を伝えることが難しい(伝え忘れとかも困りますので)と思われます。
全文パソコンでの作成が認められたわけではないそうですが、本文の大半をパソコンで作成し、事前に公証人に筆記しておいていただき、当日に筆記した内容を、遺言者と証人に読み聞かせる。といった方法は、認められないのでしょうか?

見本(○○部分と日付、氏名を自書したもの)
遺言者○○○○は、次の通り遺言する。

第1条 遺言者は、遺言者の有するすべての不動産を、遺言者の長女○○○○(昭和○○年○○月○○日生)に相続させる。ただし、遺言者の長男○○○○(昭和○○年○○月○○日生)が遺言者の長女○○○○(昭和○○年○○月○○日生)に家賃として毎月〇万円を支払う限り、○○県○○町○○番○○号への居住権を認めるものとする。
第2条 遺言者は、遺言者の有する預貯金の○○%を、遺言者の長男○○○○(昭和○○年○○月○○日生)に相続させる。

なお作成の際は、2名以上の証人の立ち会いが必要ですが、弁護士と弁護士事務所職員の2名でも構わないのでしょうか。
出来れば、公正証書遺言の作製に当たって発生する経費の相場も教えていただければ幸いです。

以下の認められた事例がありますね。
口授に当たるとされた例
公証人が遺言者と面接して、遺言の趣旨は、先に交付した遺言者作成の書面のとおりとの陳述を得たとき
あらかじめ遺言者の依頼した弁護士が作成して公証人に交付してある原稿と同趣旨であるとの陳述を得たとき

これらの事例からみると、認められる可能性が高いですね。
公証役場と打ち合わせするといいでしょう.
立会人は、その2名でいいでしょう。
遺産の価格を基準にするので、不動産なら、路線価と固定資産税評価額が基準になるでしょう。
具体的な金額は、問い合わせてください。

2020年02月04日 19時52分
お礼メッセージ

ご回答いただきありがとうございます。

最終的には公証人の判断ですが、可能です。
遺言の内容を理解し、それについて、意思を示せれば問題ありません。

入院中の方について、当職が依頼を受けて、本人の意向を聞きとって、公証人に報告し、公証人が訪問し、再度、意思確認をして、対応をしたこともあります。
もちろん、公証人から、この状況では遺言出来ないと言われてしまうほどの状況でしたら無理ですが。

2020年02月06日 09時37分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

先の民法改正での遺言作成の具体的変更点に関してご教唆賜りたく存じます

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年06月06日

民法の改正で遺言は自筆でなくワープロに署名でよく、署名も名前だけ、仮名だけでもよいとなったと伺います その他の変更点に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

遺言書の効力発揮に関してお教えください

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年06月02日

遺言書の効力発揮期日を、死亡日と記載することは可能ですか 或いは作成日を死亡日として遺言作成することは可能ですか 日時を特定すれば、実際の作成日でなくて構わないとするご説明をネットで拝見しました

遺言書作成について

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年02月03日

「パソコンで作成する、代筆してもらう、登記事項証明書や預金通帳のコピーを使用するなど、多様な方法が認められるようになった」とのことですが、財産の分割方法(指示)をパソコンで作成したものに本人の日付、氏名を自書したものでも効力が認められ...

公証遺言の内容虚偽による無効の是非等について

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2017年12月24日

公証遺言の内容の虚偽 私は、遺言を書いたものの長男にあたります。 正式に確認を取っていませんが 父が、架空の借金を父の姉にしたことにして、土地などの財産を借金の担保にして抵当権を父の姉が持っている状態のようです。 そのため、父の死後土...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する