離婚した両親の遺産相続について

User image 1 aikoさん 2017年04月06日 03時10分

家庭裁判所から、遺言書の検認の通知が届きました。

離婚後、私と姉は母に引き取られて生活してきました。

父は、再婚し、子供が1人います。

検認前なので、遺言書の内容は分かりませんが、素人考えで、それなりの財産があるから遺言書を作成していたのだと思うと同時に、私たち姉妹には遺産を渡したくないから、遺言書を書いたのじゃないかとと思っています。

離婚原因は、母と私へ暴力でした。

そういった経緯もあり、もらえるものはもらいたい、というのが、私の本心です。

もし、遺言書が私たち姉妹には相続させない。との内容だった場合、私はなにももらえないのでしょうか??

お金の問題というより、私の気持ちの問題なのですが・・・。

そして、検認にはやはり立ち会うべきなのでしょうか?
通知には、立ち会わなくてもいいともかいてありますし、実際その家庭裁判所に電話をして、担当の方に聞いたところ、このようなケースだと、だいたいの場合は前妻の子供に相続させない。と書いてあるだろうから、わざわざ時間を作って、交通費をかけて、検認に立ち会わなくてもいいですよ。といわれました。

後日、請求すれば、遺言書の内容を送ってくれるからだそうです。

どうしていいものなのか、さっぱりわからず。困っています。

具体的には、遺言書の内容を確認する必要があります。

仮に、後妻及び後妻の子に全部相続させる旨の遺言であった場合でも、前妻の子にも、法定相続分の1/2について遺留分減殺請求権が認められます(原則として金銭的精算になります)。
ただし、遺留分の侵害を知った日から1年以内に遺留分減殺請求を行なう必要があります。

検認には、特に希望しない限り立会わなくてもよいでしょう。

遺言書の内容を確認し、その内容が遺留分を侵害する場合する場合には、必要に応じ遺留分減殺請求を行なう必要があるでしょう。
現実に遺留分減殺請求を行なう場合は、弁護士に依頼頂いた方がよいでしょう。

2017年04月06日 09時42分

請求して送ってもらえばいいですね。
遺留分がありますので、中身を確認して遺留分が
侵害されているようなら、遺留分減殺の通知を
出すことですね。
その後、話が進まないようなら、調停の申立て
をします。
そこでだいたい決着することが多いですね。

2017年04月06日 10時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

先の民法改正での遺言作成の具体的変更点に関してご教唆賜りたく存じます

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年06月06日

民法の改正で遺言は自筆でなくワープロに署名でよく、署名も名前だけ、仮名だけでもよいとなったと伺います その他の変更点に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

遺言書の効力発揮に関してお教えください

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年06月02日

遺言書の効力発揮期日を、死亡日と記載することは可能ですか 或いは作成日を死亡日として遺言作成することは可能ですか 日時を特定すれば、実際の作成日でなくて構わないとするご説明をネットで拝見しました

公正証書遺言の作製に当たって「聞き取った遺言の内容を筆記し、公証人が証書を作成した手順・方式を付記し、署名・押印する」とのことですが簡素化できるものでしょうか?費用はどのくらいになりますか。

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年02月04日

口述できない人は、自書で伝えることも可で、公証人が、聞き取った遺言の内容を筆記。 とのことですが、体力的・年齢の点、で口頭又は全文自書で公証人に遺言内容を伝えることが難しい(伝え忘れとかも困りますので)と思われます。 全文パソコンでの...

遺言書作成について

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2020年02月03日

「パソコンで作成する、代筆してもらう、登記事項証明書や預金通帳のコピーを使用するなど、多様な方法が認められるようになった」とのことですが、財産の分割方法(指示)をパソコンで作成したものに本人の日付、氏名を自書したものでも効力が認められ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する