死亡した母親名義の土地の遺産分割協議について私の寄与分の考えが妥当でしょうか?

User image 1 キンタロウさん 2019年01月05日 17時14分

2016.11に死亡した母親の名義の土地の遺産相続について教えてください。
母親名義の土地は約1800㎡あり、そのうち約600㎡が宅地で約1200㎡が畑として登記されています。
実態は、800㎡くらいを宅地と庭に使っており、そこに建てている住宅に長男である私と嫁、90代の父親の3人で住んでいます。
その住宅は、前の家が1954年に建てられた古い木造住宅だったのを2011年に私の全額貯金3500万の費用で建て替えました。
私の定年退職の2016.4月までは、両親に住んでもらっていました。
2016.4以降は親と同居していますが、母親のほうがなくなったということです。
2018.11、前の畑に家を建てたいという人が不動産業者を伴って訪問されましたので畑の部分約1000㎡を売ろうと考えていますがまだ遺産相続をしていませんので売れません。
相続人は、父親と長男である自分と、死亡した長女の子ども28歳(代襲相続人)(私からは甥になる)の3人です。
父親は、90代でもあり、相続放棄してもよいといっています。
ただし、忘れやすく認知症が進んでいると考えられます。
現在要介護2の判定をうけています。
自分と甥での相続は、民法上は、50%ずつです。
私は、遺産分割協議にあたって寄与分として家と庭の部分の土地約800㎡は私が一人で相続し、
売却する1000㎡の売却額の50%ずつを二人で分けることにしたいと考えています。
なお、宅地転用した後の土地の売却額は、路線価及び複数の不動産業者への聞き取りから推定して1000万~1500万くらいだと思われます。
私と甥の関係は、小さいころから可愛がっていたこともあって良好です。
私の寄与分の考えは、妥当といえるでしょうか?

貴殿による建替費用の支出の事実が明らかであれば、寄与分の主張自体は可能でしょう。
ただし、上記の見解で良いか否かは、寄与分加算後の貴殿の相続分割合と、上記見解を前提とした貴殿の取得割合にもよります。

また、お父様が認知症が進んでいるとなると、成年後見にあるいは特別代理人を選任して遺産分割協議を行なう必要が生じる可能性が高いです。
この場合、お父様の法定相続分(1/2)を前提としてお父様にも一旦代償金を支払った上で、お父様の相続時に再度遺産分割協議が必要となる可能性があります。

2019年01月05日 18時30分
補足質問
User image 1

キンタロウ - 2019年01月05日 22時07分

土地の評価額を固定資産税路線価を70%で割った額と想定した場合は、9900/㎡です。
この額を前提とした場合は私の取得価値は
分割分 1000㎡×0.5×9900=4950000
寄与分 800㎡×9900=7920000
合計  4950000+7920000=1287000
甥の取得価値は
    1000㎡×0.5=4950000
と仮定されます。
複数の不動産業者からの聞き取りでも、大体このくらいです。
また、甥の親である私の妹は、芸術系の大学へ行き数百万の学費を出してもらっているのに
私は、国立高専へ進学し、学費は親が出しましたが格段に安く
そのあと進学した公立大学は、自分で働きながら通学し卒業しました。
若いときの親からの援助は、遺産相続で考慮されますか。
また寄与分の金額の考えは総合的に妥当でしょうか。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年01月05日 22時31分

1.まず、そもそもの寄与分の算定についてですが、800㎡の宅地=寄与分ではなく、「3500万円の支出により建物価値を維持ないし増加させたこと」を寄与分として主張することになります(ただし、寄与分について3500万円を基準とできるかも問題となる可能性があります)。
その上で、①建物価値や預貯金等を含む遺産総額から寄与分相当額を控除した価値を相続財産総額とみなしたうえで、②お父様を含む法定相続人中の貴殿の法定相続分に、③貴殿の寄与分相当額を加算した金額を算定し、③/①が寄与分を考慮した貴殿の具体的な相続分となります。
なお、ここで厳密な金額の算定までは致しかねます旨申し添えます。

2.学費に関しては微妙な問題であり事案によりますが、妹さんとの間で著しい差がある場合には特別受益として精算を求める余地がないとはいえません。

3.先述の通り、そもそもお父様の相続放棄が有効に認められるとは限りませんので、甥御さんとの2者間での分割を前提とした回答は差し控えさせて頂きます。

寄与分と特別受益に関しては、小川弁護士のおっしゃる通りネット上の相談で簡単にお答えできる内容ではありません。

ただ、質問者様の取り分を合法的に多くしたいということでしたら、お父様は相続放棄をするのではなく、相続分の譲渡をすることを検討されてはいかがでしょうか。

もっとも、この場合も相続放棄と同様にお父様に判断能力があるのかが問題となるので、一度相続に詳しい弁護士へ直接相談することをお勧めします。

2019年01月07日 10時46分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続問題 生存中に売却された土地代金を相続人の一人が自分のものにしてしまった

遺産分割協議 2019年02月07日

遺産分割の件で前回アドバイスを頂きました。母が亡くなり姉弟が相続人です。弟は連絡を拒否しておりました。その後、叔父・司法書士・義理の父親等から電話をしてもらいましたが、母の葬儀の後は電話には一切出ないようです。 アドバイスは土地に関し...

統合失調の姉を持つ生前贈与のための相続相談

遺産分割協議 2019年01月21日

・57歳男性、職業は公務員です。 ・相続に関わる被相続人との関わりは、 A(母)85歳 B(長女)59歳 統合失調症 C(本人、長男)57歳公務員 D(次男)55歳公務員 ・ABは同居。CDは別に世帯を持つ。 ・相続財産 ① Aは4階...

送られてきた財産分割協議書に対しての対応の仕方が解りません。

遺産分割協議 2019年01月18日

相談依頼者・・・妻、被相続人の弟です。 妻、被相続人・・・平成30年7月急逝 妻、被相続人の主人で、妻、被相続人の死後二か月後に死去して被相続人となった。 同年9月急逝。 妻、被相続人の死後に預貯金約1300万円とげんきん約22万円が...

遺産分割調停の事について質問です

遺産分割協議 2018年09月08日

3名の共同相続人で土地建物の遺産分割協議をしておりましたが、1名が途中から連絡を拒否しており、協議ができなくなり調停を視野にいれております。 ただし遺産分割調停又は審判の申立てする場合は,申立書(遺産目録,相続人関係図等),収入印紙及...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ