絶縁状態だった父の遺産相続について

User image 1 lu_1ee8eda6さん 2019年07月04日 15時59分

私の母は離婚後再婚しており、実の父とは20年間絶縁状態でした。
その父が2月に亡くなり、亡くなった翌日に母の知人から父が亡くなったと聞きました。
通夜や葬式には、父方の親戚に会うのが嫌で参列していません。
それから4ヶ月後、父の兄の息子(私の従兄弟にあたります)から直筆の手紙が1通私宛に届きました。
手紙の内容は、自分(従兄弟)は遺言執行人で、私には遺言を妨げるような行為はできないからね!といった感じでした。
そして、父が残した遺産が記載されていましたが、預金通帳の欄には金額は記載されておらず、土地もいくらの価値があるのかは記載されていませんでした。
また父の遺言が書面で残っているのか、口頭で約束したものなのかも不明です。
父は再婚をしてないので、実子は私1人だけです。
このような状況ですが、遺産相続に対して私に受け取りの意思がある場合でも、何もできないのでしょうか。
ご回答よろしくお願い致します。

◆どういう形態の遺言かは分かりませんが、従兄弟の方が遺言執行者に指定されているのであれば、お父様は何かしらの遺言を遺されているのだろうと思います。

◆そして、遺言執行者は遺言の内容を遅滞なく相続人に通知しなければならないことになっていますので、まず、遺言の内容を開示するよう求められては如何かと思います。

また、遺産は記載されていたが、預貯金通帳の欄の金額も土地の評価額も記載されていなかったということなので、目録として不十分であるとして、この点についても金額や評価額を記載した遺産目録を交付するよう求められてはどうかと思います。

遺産目録はこのようなイメージです(裁判所の書式)↓
http://www.courts.go.jp/kyoto/vcms_lf/030410_Bunkatsu_ki_03.pdf

◆従兄弟の方がきちんと対応してくれないようであれば、遺言執行者の解任を申し立てるという方法もあることはあります。

2019年07月04日 16時23分

遺言執行人の法律で定められた義務が履行されて
いないようですね。
トラブル予感がしますから、あなたは、弁護士を依頼
して、執行人と交渉させることが必要です。
遺言書を送ったり、財産目録もいいかげんですね。
弁護士をつければ、えりをただすでしょう。

2019年07月04日 17時14分

お父様と20年間疎遠であったとなると、他の親族の方に全財産を相続させる旨の遺言が作成されている可能性はありますが、実際に遺言が作成されているのか、いとこの方が遺言執行者に指定されているのかを含め、遺言書を確認する必要があるでしょう。
公正証書遺言であれば謄本を、自筆証書遺言であれば家庭裁判所での検認により原本を確認する必要がるでしょう。

また、遺産調査に関しては、預金については金融機関への履歴開示請求が、不動産については心当たりのある場所の登記簿謄本取得により確認する必要があります。
そして、債務に関しては債権者の同意がない限り原則として法定相続人が承継しますので、こちらも確認が必要です。

仮に、他の親族の方に全て相続させる旨の遺言があった場合でも、貴殿には遺留分減殺請求権があるため、法定相続分の1/2相当額の請求は可能です。

ご親族の方とのトラブルが予想されるため、弁護士に依頼頂いた方が良いのではないでしょうか。

2019年07月04日 19時06分

父の遺言が書面で残っているのか、口頭で約束したものなのかも不明です。
→遺言は書面で行うものなので,遺言書を開示してもらってください。(コピーで構いません)。
 相手は素人とおもいますので,あんまり細かいことをいわず,最初は,コピーだけいただくだけでいいと思います。

預金通帳の欄には金額は記載されておらず、土地もいくらの価値があるのかは記載されていませんでした。
→自分でも調べられますので,最初は,あまり気にする必要もありません。 

遺産相続に対して私に受け取りの意思がある場合でも、何もできないのでしょうか。
→遺留分がありますので(全体の半分),遺産の1/2を請求することは可能かも知れません。
 遺言が確認されたら,一定期限内に,減殺請求をしなければなりません。そうしないと権利が消滅します。
 誰に減殺請求するかについては,弁護士に相談した方がいいと思います。

2019年07月04日 19時58分

お父さんが再婚もしていないし外に子もいないのであればお父さんの法定相続人はあなたおひとりということになります。
仮にそうであった場合には、もしお父さんが遺産をすべて兄の息子に遺贈するなどの遺言を作成されていたとしても、あなたには少なくとも遺留分の権利(法定相続分の2分の1なので全遺産の50%)があります。
弁護士に依頼するなどして、遺留分の権利を行使されるのがよいと思います。
遺言執行者がいるか否かは関係ありません。

2019年07月06日 10時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

着手金は何に使われますか?

遺産分割協議 2020年06月20日

父の相続で弁護士に依頼して、現在、兄へ『弁護士に依頼した』という通知書が届いている状態です。その弁護士に依頼するまでに他の弁護士事務所にも相談に行きました。父の相続は内容が面倒な感じだったので、他の弁護士事務所からは一つ一つの計算が大...

生前の遺産分割における心理的配慮のポイントと、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等に関してお教え戴きたく存じます

遺産分割協議 2020年06月01日

生前に遺産分割(ただし相続人は一人)を申し出る場合、どのような心理的配慮が最も必要か、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等があるか、お教えいただきたく存じます 生前に遺産贈与を行うと自分がないがしろにされるという怖れをいだく高...

相続権利のある親族が相続発生前に自分から連絡を取れないようにし、話し合いを行えなくされた場合、相続時にどのような不利益が考えられますか?

遺産分割協議 2020年02月18日

疎遠となっている親族(両親の子)から突然私の両親へ以下の内容の手紙が来ました。 ①上記親族への暦年贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降については記載なし) ②上記親族の子への教育費の都度贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降について...

相続の件

遺産分割協議 2020年01月12日

相続の件でお聞きしたいです。母が死んで相続が発生したんですが、3人居て、財産目録も分からないまま、兄が勝手に私の分として、納税しているのですが、これは違法ではないでしょうか?因みに金額は手元に1円も動いていないです。名前を勝手に使われ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する