葬祭費給付金は相続財産として計上すべき?

User image 9 xylitol10さん 2019年10月05日 07時40分

亡親の葬儀に対し、市より葬祭費給付金として5万円が支給されました。
相続人の一人が、「そのお金も相続財産として計上すべき」と主張しています。

葬祭費・埋葬料・埋葬費は相続財産に該当せず、相続税も課税されない。
との解説を読んだのですが、どちらが正しいのでしょうか?

【解説の引用】
国民健康保険の場合には、葬祭費、健康保険の場合には、埋葬料、埋葬費といった名目で死亡後に5万円などが支給されます。
これらの支給は国民健康保険法第68条、健康保険法第62条において、それぞれ「租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金品を標準として、課することができない。」と規定されていますので相続税も課税されません。

「計上すべき」と主張する相続人には弁護士がついているため正否を混乱しておりますが、葬祭費給付金は相続財産に計上しなくても良いのですよね?

あなたの考えが正しいでしょう。
葬儀費用等に充てるための給付金は、喪主あるいは、相続人に
対する一種の贈与でしょう。
相続財産ではありませんね。
したがって、相続財産に計上する必要はないですね。

2019年10月05日 09時40分
お礼メッセージ

内藤先生、早々のご回答ありがとうございます。急ぎだったため大変助かりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

着手金は何に使われますか?

遺産分割協議 2020年06月20日

父の相続で弁護士に依頼して、現在、兄へ『弁護士に依頼した』という通知書が届いている状態です。その弁護士に依頼するまでに他の弁護士事務所にも相談に行きました。父の相続は内容が面倒な感じだったので、他の弁護士事務所からは一つ一つの計算が大...

生前の遺産分割における心理的配慮のポイントと、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等に関してお教え戴きたく存じます

遺産分割協議 2020年06月01日

生前に遺産分割(ただし相続人は一人)を申し出る場合、どのような心理的配慮が最も必要か、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等があるか、お教えいただきたく存じます 生前に遺産贈与を行うと自分がないがしろにされるという怖れをいだく高...

相続権利のある親族が相続発生前に自分から連絡を取れないようにし、話し合いを行えなくされた場合、相続時にどのような不利益が考えられますか?

遺産分割協議 2020年02月18日

疎遠となっている親族(両親の子)から突然私の両親へ以下の内容の手紙が来ました。 ①上記親族への暦年贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降については記載なし) ②上記親族の子への教育費の都度贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降について...

相続の件

遺産分割協議 2020年01月12日

相続の件でお聞きしたいです。母が死んで相続が発生したんですが、3人居て、財産目録も分からないまま、兄が勝手に私の分として、納税しているのですが、これは違法ではないでしょうか?因みに金額は手元に1円も動いていないです。名前を勝手に使われ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する