遺産分割協議書作成のポイント

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 昨年、父が亡くなりました。父の遺産相続について家族間で話し合い中なのですが、亡き父と母と長男は、父名儀の家・土地に同居していましたので、家・土地は長男がそのまま自分が欲しいと言っています。そのかわり、私、他3人の兄弟は、家・土地以外の父・母名義の現金、預貯金等を欲しいと言っているので、ほぼその方向で折り合いが付きそうです。その際、長男には、母名儀のものも含めて家・土地以外の父・母の財産については放棄するとの誓約書を書かせたいと思いますが、この誓約書は長男を有効に約束させるものとなるのでしょうか?あるいは、他の方法で、辞退、もしくは放棄させる事を確約させる事はできるのでしょうか?



(60代:男性)

関連Q&A

相続分譲渡証書について

遺産分割協議 2017年01月17日

相続人数名の中で、AB2名が相続放棄をすると聞いていましたので、遺産分割調停の時、ABの相続放棄の書類を提出してください。と言うと、ABの相続分譲渡証書がきました。3か月以内に放棄書なのですが、3か月以上過ぎた日付けです。裁判所に確認...

妹が遺産相続協議に応じない

遺産分割協議 2017年01月17日

父親の預貯金が100万円ほどと、父親名義の廃屋があり、四人の兄弟と相続を話し合いと考えています ですが、末の妹と折り合いが悪く、居住地や電話は分かっているのですが、全く連絡が取れません 手紙を送っても送り返してくるし、間に入ってくれる...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     このような場合は、遺産分割協議書を作成されるとよいでしょう。作成にあたっては以下の事に注意して下さい。



    1. 相続人の範囲について、被相続人が生まれてから亡くなられるまでの戸籍謄本(原戸籍も含めて)を入手し、兄弟以外に認知した子がいないかを確認して下さい。この点に漏れがあると遺産分割協議をやり直すことになります。

    2. 遺産の範囲について、遺産目録を作成して、残高証明書、通帳等の資料を準備し、遺産に関する被相続人の日記やメモについても相続人全員で確認し合意の前提に誤解のないようにして下さい。この点に関しても、合意の前提に誤解があれば合意が無効となり、遺産分割協議をやり直すことになります。

    3. 遺産分割協議書は、相続人に等しい数の通数を用意し、それぞれに相続人全員が署名及び実印での押印をし、各自の印鑑証明書を添付して下さい。

    4. 銀行等では所定用紙へ相続人全員の実印による押印を求める場合があるので、予め銀行等の用紙を準備して、遺産分割協議書作成の際に同時に押印すると後々の手間が省けるでしょう。

    5. 遺産分割協議後に、新たな財産の存在が見つかった場合に備えて、遺産分割協議書の中には「遺産目録記載の遺産以外の財産が見つかった場合は、・・・とする。」などの条項を設けるようにしてださい。


    6. もっとも、母親はご存命という事ですので、母親名義の土地・建物や預貯金等については、相続放棄をする事はできません。また、現時点では母親の遺産は確定していません。したがって、母親の財産に関しては母親が亡くなられたときに改めて取り決められるとよいでしょう。


2014年01月14日

遺産分割協議に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ