行方不明者がいる場合の相続はどのように進めればいいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年06月25日 19時34分

 父は15年前にすでに他界しております。そして、昨年母が他界しました。兄弟3人いますが、1人は10年以上行方不明な為、遺産分割協議書に記入出来ないので預金が下ろせません。どうしたらいいでしょうか??



(30代:女性)

匿名弁護士

 お父様がすでに亡くなられている状態で、お母様も他界されたとのことですので、この場合、相続人はご相談者も含めたご兄弟3人で1/3ずつ相続すると言うことになります(民法887条1項900条4号)。

 もっとも、相続人が複数いる場合、相続財産は共有となりますので(民法898条)、ご指摘のように一部の相続人だけでは預金を引き出せないという事態が生じます。

 このような場合、「不在者財産管理人」という制度を活用する方法があります(民法25条以下)。この制度は、相続人が行方不明で現在の居所がわからない場合に、相続人に代わる財産管理人を裁判所に選定してもらうものです。手続きとしては、行方不明であるご兄弟が従来住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てを行います。この際、不在者の戸籍謄本をはじめ、各種の書類を提出することになります。なお、不在者財産管理人は、財産の管理を行う権限しかありませんので(民法103条)、預金の引き出しを行うときは、あわせて「権限外行為許可」という手続きを行う必要があります。こちらも家庭裁判所への申し立てを要します。

 他方、ご兄弟は10年以上行方がわからないということですので、「失踪宣告」を行い、行方がわからないご兄弟は死亡したものとして、不在者以外の相続人で遺産分割の手続きをすすめるという方法もあります(失踪宣告は民法30条31条を参照)。ただ、こちらの方法は不在者財産管理人の制度よりも長期間の手続きを要し、(ご兄弟も死亡したものとして扱うため)ご兄弟の相続も開始するため手続きが煩雑です。

 もっとも、不在者財産管理人の制度を活用する場合でも手続きは複雑な面がありますので、いちど弁護士などの専門家にご相談の上、手続きをすすめられるのが良いかと思われます。

2014年06月25日 19時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

母の遺産分割協議を終え、父の遺産分割協議にとりかかったところで、弟と意見が分かれました。

遺産分割協議 2018年01月19日

母が死亡してから数か月後、父も後を追うように亡くなりました。不動産(土地と建物)は全て母が所有していました。 両親の死後、まず、母の遺産に対する遺産分割協議を行いました。被相続人は母、相続人は私と弟の2人です。 以前、私が家を購入する...

遺産分割協議書に記載した一筆(駐車場の無償使用)の効力について

遺産分割協議 2017年12月30日

母から相続した建物内にある駐車場の一部(2台分)を兄弟に無償で使用させるという一筆を相続時に遺産分割協議書に書かされましたが、どのような要件が揃えば返してもらえるでしょうか。建物の売却、建物の仕様の変更等が必要になりますか。 ①現在相...

主人が突然亡くなりました。義父母と相続の関係で揉める可能性があります…

遺産分割協議 2017年12月26日

お伺いいたします。 主人が、突然亡くなりました。 子どもがいなく、遺言書がないので、法廷相続に義父母が1/3の権利があります。 通常、このような場合、義父母は放棄してくれるのが常と各所から伺いましたが、難しい義母に、更に細かく口を挟む...

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。

遺産分割協議 2017年12月25日

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。 そのトラブルの原因は、相手方が遺産目録を提示せず、また、被相続人の叔母が存命時(夫は死亡)から銀行および郵貯銀行から数十万円、数百万円を我が物のように頻繁に引...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

遺産分割協議に強い弁護士

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【交通事故事件&不貞慰謝料請求事件・初回相談無料・ 着手金無料・電話相談可】【土日・祝 対応可】【夜間相談可】

【JR八丁堀駅徒歩2分】【初回相談無料】家庭内のトラブルや悩みなど、身近な問題ほど大きな悩みであり、これを解決...

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

ページ
トップへ