遺産分割協議書はコピーでも有効?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月27日 20時15分

 遺産分割協議書のことで質問があります。最初、税理士の話では遺産分割協議書は不要だとの話でした。しかし、亡くなった父が保有していた不動産を売却する事になり、不動産会社の方から作成を依頼され、急遽作成することになりました。実際に作成したのは税理士です。私は海外に住んでいて、渡航間際に書類に捺印だけしていました。渡航後は、生活が忙しく、協議書のことを忘れていましたが、先日、協議書を受け取っていない事を思い出し、税理士に連絡しました。ところが、1部は税務署が、もう1部は税理士が、最後の1部は妹が持っているとの返答でした。そして、コピーなら送るとの回答でしたが、オリジナルを送ってこないのはおかしいと思い、オリジナルを要求するつもりです。そこでお伺いしたいのですが、遺産分割協議書はコピーでもオリジナルと同等の効力があるのでしょうか?



(50代:女性)

匿名弁護士

     遺産分割協議書を作成する目的は、相続人全員で遺産の分割方法などについての合意を明確にするため、不動産や預貯金などの名義変更や相続税の申告の際に用いるため、というものがあります。

     より具体的には、遺産分割協議書は、金融機関であれば亡くなられた方の預貯金を誰であれば名義変更してよいかを判断する材料とし、不動産会社であれば、亡くなられた方の土地を本当に売却できる資格がある人なのかどうかを判断する材料とします。

     また、コピーの提出を求められるか、原本の提出を求められるかは基本的に相手次第になります。一般的には原本を提出し、相手方がコピーをとり保管するという運用がなされていると言えます。

     そのため、これから名義変更などの手続きを控えている状況ならば、原本を要求した方がベターであると言えるでしょう。



     ただ、不動産の処分や預貯金などの名義変更が終わり、遺産が適切に分割され、相続人それぞれに円満に配分が終わった後には役目がなくなるものと思って差し支えありません。したがって、あくまで内容を明確にした物を保管しておきたい、ということであれば、(税理士、妹さんが保有するものと内容が同一であることを確認した上で)コピーを郵送してもらうということでもよいのではないかと思われます。

2014年10月27日 20時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

遺産分割協議書の自署が本人と認められない場合はありますか

遺産分割協議 2017年07月18日

遺産分割協議書において、私の姉に署名してもらったのですが、だいぶんの高齢でかなり腕力も弱っており、例えば「山田花子」というところを「ヤマダハナコ」とたどたどしいカタカナで自署しておりました。本人に聞くと間違いなく遺産分割協議内容も理解...

不法行為による損害賠償請求について

遺産分割協議 2017年05月25日

父親死亡日の前後に使途不明金が判明し、遺産分割協議もできずに相続人の間で言い争いがおきています。 父親の相続人は5人で4名が愛知、1名が千葉に居住しています。 遺産総額は約3億円程度でほとんどが不動産(土地)です。 遺産の中の現金預金...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

遺産分割協議に強い弁護士

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

ページ
トップへ