弁護士費用の相場として正しいかが知りたいです。

User image 1 Legalus編集部さん 2015年03月02日

 弁護士費用についてお伺いします。相続が2年前に発生しました。相続人は私と兄の二人ですが、話し合いが進まないため、弁護士に依頼しました。1年少し経ちますがようやく目処が付きそうです。依頼当初より弁護費用の目処を聞いていましたが答えてもらえず、ようやく大体の提示が有りました。私の相続額の1割を超える額を言われたのですが、正当なものなのかわかりません。
 相場って有るのでしょうか?遺産総額は9600万で私は半分を受け取る予定です。調停で解決し、裁判手続には移行していません。



(50代:男性)

関連Q&A

返済が証明できないお金は、贈与にならない?

遺産分割協議 2017年04月27日

父親が亡くなり,以前父親と弟の共有名義で建てた住宅建設金額2300万円の名義が、父親7/23・弟16/23になっています。弟は2300万円の名義16/23つまり1600万円分は口では返済したと言っていますが、返済した事実は確認できませ...

財産分与について

遺産分割協議 2017年04月21日

よろしくお願いします。 先日祖母が亡くなりました。 祖母には長女(私の母)と婿養子に出した長男(叔父)がいます。 母は数年前に亡くなり、今回祖母が亡くなった事で叔父から財産分与の話が来ました。叔父は土地と預貯金は全てもらいたいので、手...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     現在、弁護士の報酬は実質的に自由化されているといえます(弁護士法33条「弁護士の報酬に関する標準を示す規定」の廃止に伴うもの)。したがって、弁護士と依頼者(ご相談者)様の合意のもとで弁護士費用が定まります。

     もっとも、単純に自由化されただけでは、一般市民には費用の適否、相場の感覚もわかりません。そこで、日本弁護士連合会では、「弁護士の報酬に関する規程」という準則を設けています(これは法律ではなく、弁護士会の内規です)。

     その中では、弁護士の報酬は依頼者が得る「経済的利益」や「事案の難易」「時間及び労力」などに照らして「適正かつ妥当なもの」でなければならない(2条)とされ、報酬の基準を作成して事務所に備えなければならず(3条)、報酬の見積書を作成するように努めなければならないとされています(4条)。加えて、弁護士が受任する際は、報酬に関する事項を含む委任契約書を作成しなければならない(5条)とされています。

     このように、



    1. 委任をする時に報酬についての取り決めを行う

    2. 説明を尽くす

    3. 場合によっては、見積もりを提出する


    いうことを行います。
     ご相談内容では、依頼された弁護士の方は、そもそもこうした対応を怠っていたのではないかと考えられます。



     本来は上記のように、委任をする際に報酬を取り決め、納得したうえで契約をすべきですが、弁護士報酬の妥当性を判断するひとつの目安としては、過去に弁護士会が定めていた報酬規程(以下、「旧規程」とします)があります。冒頭で述べたように、現在は廃止されていますが、多くの弁護士がこの規程を参考に報酬を定めています。

     まず、弁護士報酬は依頼者が得る利益(経済的利益)を元に、そのうち何%を得るか、という方式を基本として計算するのが一般的だと言えます(かかった時間単位で計算を行うケースもあります)。例えば、「貸したお金を返してくれないから取り戻したい」という場合、経済的利益は「貸したお金」の額となります。

     ところが、相続に関連する事案の場合、経済的利益を計算する元となる「相続財産はいくらなのか?」を確定する必要があります。また、相続人間に争いがある場合、「実際に依頼者が得る(経済的利益の)金額がいくらになるか?」が読めないケースも多いです。そのため、関係者間の取り分や、計算の元になる数字が確定し始める、事案処理の後期になって、ようやく報酬額がわかるということは多いとお考えください。

     仮に、今回のケースで、相続財産の範囲あるいは相続分に争いがあり、最終的に4800万円を受け取ることで決着した場合、経済的利益が4800万円となりますので、旧規程によると、着手金が210万円前後、成功報酬が420万円前後、合計で630万円程度というところではないかと思われます(ただし、この計算は裁判に及んだ場合を想定した金額であって、ご相談者様のように調停で解決しそうな事案ではもう少し低くなるとも考えられます。他方で、長期間の時間を要した点ではコストアップにつながっているとも思われます。そのため、あくまで目安とお考えください)。



     このように考えると、相続額の1割を超える額というのも「実は十分にありえる」金額だという点をご理解いただければと思います。しかしながら、こうした経緯や、そもそもの報酬体系について説明を尽くしていたかは「?」が付く事案だと思われます。気になるようでしたら、報酬が算定された経緯や掛ったコストの細目などを提出してもらうように依頼されてはいかがでしょうか?その細目を見て、納得いかなければ、依頼されている弁護士の方が所属する弁護士会に対して紛議調停を申し立て(弁護士法41条参照)、調停委員を交えた金額の折衝を行うという手だてもあります。

2015年03月02日

遺産分割協議に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ