ビデオで遺言できる?

Legalus編集部さん 2014年01月13日

 先日、父が他界しました。生前は、だれも相続のことを言い出せず、遺言はありません。案の定、父の財産の分配をめぐって困ったことになっています。というのも、父の財産の9割は父と弟とが住んでいる家と土地であるためです。
 相続人は弟のほか、私を含め兄弟4人ですが、それぞれの商売がうまくいっていないせいもあり、なんとか、不動産を換金して分配してもらいたいと思っています。ところが、弟は2年前の正月に録ったホームビデオの中で、父が(弟が)早く結婚してこの家に住め、という趣旨のことをいっていることを盾に、家と土地は自分のものだと言い張って聞きません。

 ホームビデオで父がいっていることを守る必要があるのでしょうか。良い解決方法があれば教えてください。

(50代:女性)

関連Q&A

相続分譲渡証書について

遺産分割協議 2017年01月17日

相続人数名の中で、AB2名が相続放棄をすると聞いていましたので、遺産分割調停の時、ABの相続放棄の書類を提出してください。と言うと、ABの相続分譲渡証書がきました。3か月以内に放棄書なのですが、3か月以上過ぎた日付けです。裁判所に確認...

妹が遺産相続協議に応じない

遺産分割協議 2017年01月17日

父親の預貯金が100万円ほどと、父親名義の廃屋があり、四人の兄弟と相続を話し合いと考えています ですが、末の妹と折り合いが悪く、居住地や電話は分かっているのですが、全く連絡が取れません 手紙を送っても送り返してくるし、間に入ってくれる...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ホームビデオでの発言に、遺産分割の方法を拘束する効力はありません。つまり、民法上の遺言とは認められないのです。
     遺言は、遺言者の死後、その効力が問題となるという特質があります。その効力が生じる時には、遺言者はこの世に存在しません。死後にその意思が歪められる可能性が大変高くなります。そのため、厳格な方式によらなければならないことを法は規定しています(民法960条)。
     法律上、ビデオで遺言を行うことは認められていませんし、行ったとしても無効です。

     弟様に売却を承諾してもらうために、住居を失う分、多少有利な条件を提示してみてはいかがでしょうか。

     相続人間で協議が整わない場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停申立をすべきことになります。調停でも話し合いがつかなければ、審判手続に移行します。通常の訴訟における判決にあたる「審判」が与えられます。
     なお、調停や審判手続の上で、お父様のホームビデオでの発言が考慮される可能性はあります。

2014年01月13日

遺産分割協議に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ