夫の生命保険金も遺産分割の対象になるの?

Legalus編集部さん 2015年02月26日

 夫も私も再婚で、共働きです。それぞれ前の配偶者との間に子供がいます。
 今の夫との間には、子供はいません。
 夫と再婚後、2人で家を建て、土地、建物、預金関係はすべて夫名義になっています。


 このような状況下で、夫が亡くなった場合、私の相続分と夫の実子(1人)の相続分はどうなりますか。

 また、夫の生命保険金(受取人は私になっています)も相続財産として、分割の対象となるのでしょうか。



(40代:女性)

関連Q&A

公正証書遺言だけで、遺言が決まるのでしょうか?

遺産分割協議 2016年03月08日

弁護士から公正証書遺言が届きました。ただ、以前に遺書を書いていることも、置いてある場所も見ているのですが、その遺言書を確認する必要性はないものでしょうか?存在を否定される可能性もあるのですが...。 (40代:男性)

遺産分割審判が守られなかったらどうすればいいの?

遺産分割協議 2016年02月13日

遺産相続で裁判所の審判を受けました。被相続人の預金を預かっている銀行では、相続人の中から代表者を決め、その者の口座に相続人全部の相続分を一括払い込むとのこと。この場合、代表者以外の相続人は、代表者から自己の相続分を確実に支払ってもらえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、あなたの相続分、夫の実子の相続分は、それぞれ、2分の1となります(民法900条1号)。
     ただ、あなたの場合、共働きで家を建てておられる等、夫の財産の増加に一定程度、貢献されていると考えられますから、寄与分民法904条の2)を主張して、相続分の上積みを図ることは可能でしょう。



     次に、夫の生命保険金については、相続財産には含まれません。

     しかし、多額の保険金が遺産分割の対象にならないのでは、他の相続人との関係で、あまりに不公平です。
     そこで、あなたの場合のように、相続人のうちの1人が指定されている場合には、遺産分割の際に、特別受益民法903条)として相続分から控除するという実際上の処理がなされています。



     保険金のうち、どれだけが特別受益とされるかについては、裁判所の判断も分かれていますが、被相続人が支払った保険料の保険料総額に対する割合を保険金額に乗じた額とする考え方が有力です。


     いずれにせよ、実務上は、相続人間で遺産分割をしないと権利行使(登記・預金引出)はできません。相続人間で合意できないときは、家庭裁判所の調停を利用して下さい。


     なお、税法上は、受取人が相続人である場合、生命保険金は、相続による取得とみなされますので、ご参考まで(相続税法3条)。

2015年02月26日

遺産分割協議に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ