夫の生命保険金も遺産分割の対象になるの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年02月26日 18時31分

 夫も私も再婚で、共働きです。それぞれ前の配偶者との間に子供がいます。
 今の夫との間には、子供はいません。
 夫と再婚後、2人で家を建て、土地、建物、預金関係はすべて夫名義になっています。


 このような状況下で、夫が亡くなった場合、私の相続分と夫の実子(1人)の相続分はどうなりますか。

 また、夫の生命保険金(受取人は私になっています)も相続財産として、分割の対象となるのでしょうか。



(40代:女性)

匿名弁護士

 まず、あなたの相続分、夫の実子の相続分は、それぞれ、2分の1となります(民法900条1号)。
 ただ、あなたの場合、共働きで家を建てておられる等、夫の財産の増加に一定程度、貢献されていると考えられますから、寄与分民法904条の2)を主張して、相続分の上積みを図ることは可能でしょう。



 次に、夫の生命保険金については、相続財産には含まれません。

 しかし、多額の保険金が遺産分割の対象にならないのでは、他の相続人との関係で、あまりに不公平です。
 そこで、あなたの場合のように、相続人のうちの1人が指定されている場合には、遺産分割の際に、特別受益民法903条)として相続分から控除するという実際上の処理がなされています。



 保険金のうち、どれだけが特別受益とされるかについては、裁判所の判断も分かれていますが、被相続人が支払った保険料の保険料総額に対する割合を保険金額に乗じた額とする考え方が有力です。


 いずれにせよ、実務上は、相続人間で遺産分割をしないと権利行使(登記・預金引出)はできません。相続人間で合意できないときは、家庭裁判所の調停を利用して下さい。


 なお、税法上は、受取人が相続人である場合、生命保険金は、相続による取得とみなされますので、ご参考まで(相続税法3条)。

2015年02月26日 18時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

母の遺産分割協議を終え、父の遺産分割協議にとりかかったところで、弟と意見が分かれました。

遺産分割協議 2018年01月19日

母が死亡してから数か月後、父も後を追うように亡くなりました。不動産(土地と建物)は全て母が所有していました。 両親の死後、まず、母の遺産に対する遺産分割協議を行いました。被相続人は母、相続人は私と弟の2人です。 以前、私が家を購入する...

遺産分割協議書に記載した一筆(駐車場の無償使用)の効力について

遺産分割協議 2017年12月30日

母から相続した建物内にある駐車場の一部(2台分)を兄弟に無償で使用させるという一筆を相続時に遺産分割協議書に書かされましたが、どのような要件が揃えば返してもらえるでしょうか。建物の売却、建物の仕様の変更等が必要になりますか。 ①現在相...

主人が突然亡くなりました。義父母と相続の関係で揉める可能性があります…

遺産分割協議 2017年12月26日

お伺いいたします。 主人が、突然亡くなりました。 子どもがいなく、遺言書がないので、法廷相続に義父母が1/3の権利があります。 通常、このような場合、義父母は放棄してくれるのが常と各所から伺いましたが、難しい義母に、更に細かく口を挟む...

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。

遺産分割協議 2017年12月25日

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。 そのトラブルの原因は、相手方が遺産目録を提示せず、また、被相続人の叔母が存命時(夫は死亡)から銀行および郵貯銀行から数十万円、数百万円を我が物のように頻繁に引...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

遺産分割協議に強い弁護士

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

当事務所は30年の豊富な実績に基づき、遺産・相続に関するお悩みを的確に解決します。

ページ
トップへ