後妻が亡き父の遺産を独占?!許せない!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 23時10分

 実父の死後、後妻が不動産の名義も自己名義に移してしまいました。実父の死後2年が経過しています。

 後妻は、遺言書もあるとか、お金がないとか言うばかりで、私達兄弟(実父と前妻の子供3人)に対して、遺産分割をする気もないようです。

 私達はどうすればよいのでしょうか。

(30代前半:女性)

匿名弁護士

 まずは、後妻に遺言書を示してもらうことが重要でしょう。

 もし、後妻の言に反して、実際には、遺言書がないようなら、あなた方ご兄弟にも、6分の1ずつの相続分があります(民法900条1号、4号)。

 したがって、後妻が、不動産を自ら管理していたとしても、あなた方が、家庭裁判所に請求すれば、いつでも相続財産の保存に必要な処分を命じてもらうことができ、さらに遺産管理人を選任してもらうこともできます(民法918条)。

 以後の遺産の分割については、「家族のトラブル」の「遺産を分割するには」の項を参考にしてみてください。

 後妻にすべての財産を相続させるような内容の遺言があった場合でも、あなた方ご兄弟には、被相続財産の2分の1の遺留分という取り分がありますから(民法1028条2号)、遺留分減殺(げんさい)請求権を後妻に対して行使して、少なくとも金銭での賠償をしてもらうことはできます(民法1041条1項)。(遺留分減殺請求については、「遺留分減殺請求の流れ」(なっとく法律相談)を参照のこと)

 いずれにせよ、なるべく早い段階で、遺産分割や遺留分減殺等の調停申立をすることをお勧めします。

2014年01月13日 23時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

遺産分割協議書に記載した一筆(駐車場の無償使用)の効力について

遺産分割協議 2017年12月30日

母から相続した建物内にある駐車場の一部(2台分)を兄弟に無償で使用させるという一筆を相続時に遺産分割協議書に書かされましたが、どのような要件が揃えば返してもらえるでしょうか。建物の売却、建物の仕様の変更等が必要になりますか。 ①現在相...

主人が突然亡くなりました。義父母と相続の関係で揉める可能性があります…

遺産分割協議 2017年12月26日

お伺いいたします。 主人が、突然亡くなりました。 子どもがいなく、遺言書がないので、法廷相続に義父母が1/3の権利があります。 通常、このような場合、義父母は放棄してくれるのが常と各所から伺いましたが、難しい義母に、更に細かく口を挟む...

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。

遺産分割協議 2017年12月25日

遺産相続において、親族と遺産分割協議が不備になり、トラブルになっています。 そのトラブルの原因は、相手方が遺産目録を提示せず、また、被相続人の叔母が存命時(夫は死亡)から銀行および郵貯銀行から数十万円、数百万円を我が物のように頻繁に引...

父親が亡くなり分割協議で紛争が起きています。父親に貸したお金は寄与分に充当させる事ができますか。

遺産分割協議 2017年12月14日

父親が亡くなり分割協議で紛争が起きています。 父が生前に父親の経営していた会社の経営が思わしくなく、3000万円近い金員を貸しました。 すでに10年を超えてしまったために借金としては時効になっているという解釈ですので、寄与分として充当...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

遺産分割協議に強い弁護士

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

依頼者にとって敷居が低く、思っていることを全てぶつけることの出来る弁護士でありたいと思います。

ページ
トップへ