後妻が亡き父の遺産を独占?!許せない!

Legalus編集部さん 2014年01月13日

 実父の死後、後妻が不動産の名義も自己名義に移してしまいました。実父の死後2年が経過しています。

 後妻は、遺言書もあるとか、お金がないとか言うばかりで、私達兄弟(実父と前妻の子供3人)に対して、遺産分割をする気もないようです。

 私達はどうすればよいのでしょうか。

(30代前半:女性)

関連Q&A

公正証書遺言だけで、遺言が決まるのでしょうか?

遺産分割協議 2016年03月08日

弁護士から公正証書遺言が届きました。ただ、以前に遺書を書いていることも、置いてある場所も見ているのですが、その遺言書を確認する必要性はないものでしょうか?存在を否定される可能性もあるのですが...。 (40代:男性)

遺産分割審判が守られなかったらどうすればいいの?

遺産分割協議 2016年02月13日

遺産相続で裁判所の審判を受けました。被相続人の預金を預かっている銀行では、相続人の中から代表者を決め、その者の口座に相続人全部の相続分を一括払い込むとのこと。この場合、代表者以外の相続人は、代表者から自己の相続分を確実に支払ってもらえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まずは、後妻に遺言書を示してもらうことが重要でしょう。

     もし、後妻の言に反して、実際には、遺言書がないようなら、あなた方ご兄弟にも、6分の1ずつの相続分があります(民法900条1号、4号)。

     したがって、後妻が、不動産を自ら管理していたとしても、あなた方が、家庭裁判所に請求すれば、いつでも相続財産の保存に必要な処分を命じてもらうことができ、さらに遺産管理人を選任してもらうこともできます(民法918条)。

     以後の遺産の分割については、「家族のトラブル」の「遺産を分割するには」の項を参考にしてみてください。

     後妻にすべての財産を相続させるような内容の遺言があった場合でも、あなた方ご兄弟には、被相続財産の2分の1の遺留分という取り分がありますから(民法1028条2号)、遺留分減殺(げんさい)請求権を後妻に対して行使して、少なくとも金銭での賠償をしてもらうことはできます(民法1041条1項)。(遺留分減殺請求については、「遺留分減殺請求の流れ」(なっとく法律相談)を参照のこと)

     いずれにせよ、なるべく早い段階で、遺産分割や遺留分減殺等の調停申立をすることをお勧めします。

2014年01月13日

遺産分割協議に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ