未婚の祖母の妹が死去。相続分はどうなる?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 未婚で子供もいない、祖母の妹がなくなりました。身内は兄弟姉妹しかいません。
 9人兄弟のうち6人(相続人含む)は死亡して、そのうち2人には子供が5人と、2人います。兄弟姉妹の相続額と、甥・姪の合計10人の相続額はいくらになるでしょうか?

 また、行方のわからない甥が2人いて連絡がとれません。
 この場合、どうすればいいのでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

公正証書遺言だけで、遺言が決まるのでしょうか?

遺産分割協議 2016年03月08日

弁護士から公正証書遺言が届きました。ただ、以前に遺書を書いていることも、置いてある場所も見ているのですが、その遺言書を確認する必要性はないものでしょうか?存在を否定される可能性もあるのですが...。 (40代:男性)

遺産分割審判が守られなかったらどうすればいいの?

遺産分割協議 2016年02月13日

遺産相続で裁判所の審判を受けました。被相続人の預金を預かっている銀行では、相続人の中から代表者を決め、その者の口座に相続人全部の相続分を一括払い込むとのこと。この場合、代表者以外の相続人は、代表者から自己の相続分を確実に支払ってもらえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、相続分についてですが、遺言書がない場合、存命の兄弟姉妹がそれぞれ5分の1、死亡した兄弟姉妹の子供はそれぞれ10分の1(子供が2人の場合)、25分の1(子供が5人の場合)となります(民法889条1項、2項、887条2項、900条4号、901条2項、1項)。



     次に、相続人の一部が行方不明であっても、「分割の協議ができない」ことを理由に、家庭裁判所に遺産分割を請求することができます(民法907条2項)。この請求は、調停もしくは審判を申し立てることで行います(通常は先に調停の申立てをします)。調停(審判)の結果、分割割合が決まれば、それに基づいて遺産が分割されます。

     また、不在者財産管理人の制度(民法25条)もあります。この場合、家庭裁判所の選任した管財人と遺産分割協議をすることになります。



     なお、相続人が行方不明になったのが7年以上前(かつ被相続人の死亡前に行方不明になっている場合)であれば、失踪宣告によってその者が相続開始時において相続人として存在しなかったとすることもできます(民法30条1項、31条)。この場合、行方不明者の兄弟姉妹(被相続人からみれば甥・姪)の相続分がその分増えることになります。行方不明者の子は代襲相続できないので注意してください(民法889条2項、887条2項)。

2015年07月16日

遺産分割協議に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ