遺産分割の審判は、法定相続分どおりに決められる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 03時21分

 私は、長男として両親と同居し、生活費等は一切もらっていませんでした。相続発生後、兄弟の1人と感情的なしこりがあったこともあり、遺産分割の調停がまとまりません。このままだと調停が不調になることが強く予想されます。今後、審判や裁判になった場合、どのように分割されるのでしょうか。民法906条には「各相続人の年齢、職業、心身の状況および生活の状況その他の事情を考慮してこれをする」とありますが、東京高裁昭和42年1月11日判決には「法廷相続分に従わなければならず、これを無視した分割審判はできない」とあります。これをどう解釈すればいいのですか。私には寄与分(扶養型)もあり、何ら面倒をみなかった相手方に、相続分が均等にいくことには到底納得できません。



(50代:男性)

匿名弁護士

 基本的には法定相続分による分割がなされますが、寄与分も考慮されますし、現実にどう分割するかにあたっては、民法906条の様々な事情が考慮されます。



 遺産分割には、遺言による指定分割のほか、協議分割調停分割審判分割があります。

 被相続人の「遺言」がない場合は、相続人の協議によりますが、協議さえまとまれば、それが共同相続人の自由な意思に基づく限り、法定相続分に従わない分割も有効です。

 しかし、審判分割による場合は、基本的に法定相続分にしたがって分割がなされるべきであると考えられています。

 民法906条は、「遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。」と規定していますが、これは、遺産の分割を「実行」する際の指針を定めたものと考えるのが一般的です。

 つまり、遺産の「分割」は法定相続分にしたがってなされなければなりませんが、その分割の「実行」、たとえば遺産の中に土地や建物、預金などがある場合に、土地や建物は現在居住している者に取得させ、預金は他の物に取得させ、両者の間に不均衡があれば、預金などで均衡をとって分割すべきであることを定めた規定と考えられているのです。

 ご相談の場合も、審判分割では、基本的に法定相続分に従って分割割合が決められます。この法定相続分の算定には、寄与分も当然考慮されます。寄与分は、被相続人の財産の維持・増加のために、「特別の寄与」があったと認められる必要があります。単に同居していたことにとどまらず、親子関係として通常期待されるような程度を超える貢献があったことを主張しましょう。あなたが自分の家や土地を提供したり、両親に生活費を渡したりして生活を援助し、両親の支出を減少させた結果として相続財産の維持に寄与したといえる事情があれば、寄与分が認められるでしょう。

2014年01月14日 03時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

着手金は何に使われますか?

遺産分割協議 2020年06月20日

父の相続で弁護士に依頼して、現在、兄へ『弁護士に依頼した』という通知書が届いている状態です。その弁護士に依頼するまでに他の弁護士事務所にも相談に行きました。父の相続は内容が面倒な感じだったので、他の弁護士事務所からは一つ一つの計算が大...

生前の遺産分割における心理的配慮のポイントと、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等に関してお教え戴きたく存じます

遺産分割協議 2020年06月01日

生前に遺産分割(ただし相続人は一人)を申し出る場合、どのような心理的配慮が最も必要か、心理的効果の高い行政的あるいは書類上の配慮等があるか、お教えいただきたく存じます 生前に遺産贈与を行うと自分がないがしろにされるという怖れをいだく高...

相続権利のある親族が相続発生前に自分から連絡を取れないようにし、話し合いを行えなくされた場合、相続時にどのような不利益が考えられますか?

遺産分割協議 2020年02月18日

疎遠となっている親族(両親の子)から突然私の両親へ以下の内容の手紙が来ました。 ①上記親族への暦年贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降については記載なし) ②上記親族の子への教育費の都度贈与の要求(金額は1年最大分 来年以降について...

相続の件

遺産分割協議 2020年01月12日

相続の件でお聞きしたいです。母が死んで相続が発生したんですが、3人居て、財産目録も分からないまま、兄が勝手に私の分として、納税しているのですが、これは違法ではないでしょうか?因みに金額は手元に1円も動いていないです。名前を勝手に使われ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する